こんなに怖いものだったなんて…。紫外線がもたらす肌への影響とは?

女性であれば誰でも「美肌になりたい!」と思いますよね。

“美肌”になる為に毎日スキンケアに力を入れている女性もいるのではないでしょうか。

しかし、毎日しっかりとスキンケアをしているのにも関わらずシミやシワが多くなってしまい「なんでこんなに肌の調子が悪くなってしまったんだろう…。」と悩んでいる人もいると思います。

そんな人はもしかしたら“紫外線”が原因で肌の調子が悪いのかもしれません。

日差しが強くなる季節に、必要以上に紫外線を浴びてしまうと、肌の調子はどんどん悪化してしまいます。

紫外線は私達にどんな影響を与えるのでしょうか。

今回は『紫外線がもたらす肌への影響』を皆さんにご紹介します。

紫外線とは


紫外線は、太陽から放出される太陽光線の成分です。

“紫外線は肌や健康に悪影響を与える”とよく言われますが、

・強い骨を生成する為に必要な“ビタミンD”を生成させる

・気持ちを高めたり体調を良くする“セロトニン”の分泌を促す

・体内時計を調整させる

など、私達の健康を維持する為には必要な成分なので一概に“紫外線=害”とは言えません。

しかし、紫外線を必要以上に浴びてしまうのは体や肌にとって悪影響になる事が多いので、健康を害さない適度に紫外線を浴びる様にしましょう。

紫外線の種類

紫外線には“紫外線A波(UV-A)”と“紫外線B波(UV-B)”という種類があります。

紫外線A(UV-A)は、太陽から届く紫外線の約9割を占めています。

肌のハリや弾力を無くし、肌を老化させてしまいます。

紫外線を浴びた時に肌が黒くなるのはこの“紫外線A(UV-A)”の影響だと言われています。

紫外線B(UV-B)は、太陽から届く約1割だけと量は少ないのですが、肌表面の表皮細胞やDNAを傷つける働きがあり、シミやそばかすの原因を作り出します。

紫外線A(UV-A)と紫外線B(UV-B)をきちんと防止しなければ、肌はどんどんダメージを受けてしまう様になります。

紫外線が肌にもたらす影響

ここからは紫外線が肌にもたらす影響をご紹介します。

◎シワやシミを発生させる

紫外線を浴びると、肌内部ではシミの原因となる“メラニン”が過剰に生成されます。

通常、メラニンは肌のターンオーバーで剥がれ落ちるのですが、紫外線を多く浴びてしまっていると肌のターンオーバーが乱れてしまい、体外にメラニンを排出させる事が出来なくなります。

こうして肌内部に蓄積されてしまったメラニンが“シミ”になってしまうのです。

また、紫外線によって肌がダメージを受けてしまうと、肌にハリや潤いを与えるコラーゲンやヒアルロン酸が減少してしまいます。

すると、肌に弾力や潤いがなくなりシワが増えてしまうのです。

◎肌を乾燥させる

紫外線を必要以上に浴びてしまうと、肌はどんどんダメージをうけてしまいます。

すると、肌のバリア機能や潤い保持機能が低下してしまい、肌が乾燥してしまうのです。

紫外線によってダメージを受け肌が乾燥してしまうと、当然肌のトラブルが増えます。

吹き出物・シミ・シワなどが出来やすくなり、いつの間にか肌がボロボロになってしまうでしょう。

◎肌の老化を進行させる

紫外線は、肌に必要なコラーゲンやヒアルロン酸を減少させ、メラニンを生成させてしまいます。

すると肌は、

・ハリや潤いがなくなる

・シミやシワが増える

・肌を乾燥させる

など、肌の状態がどんどん悪くなってしまいます。

効果的な紫外線対策とは?

◎日焼け止めを塗る

紫外線から肌を守るには、毎日きちんと日焼け止めを塗る様にしましょう。

日焼け止めを塗る時は、

・少し多いと感じる位を塗る

・塗り残し&ムラなく塗る為に重ね塗りをする

・体の部位によって使用する日焼け止めの種類を変える

という事を意識しながら塗るようにしましょう。

また、日焼け止めに記載されている“SPF”“PA”も注意して見る様にして下さい。

★SPF

紫外線B(UV-B)の防止効果を表す。

SPFは2~50の数値で表され、数値が大きくなれば大きくなるほど効果が高くなる。

★PA

紫外線A(UV-A)の防止効果を表す。

PAは、PA+(効果がある)・PA++(かなり効果がある)・PA+++(非常に効果がある)と“+”が多くなればなるほど効果が高くなる

“SPF”と“PA”が高い日焼け止めを使用する様にしましょう。

紫外線が強くなる季節は外の温度も高くなり汗を掻きやすくなるので、1日に数回日焼け止めを塗り直す様にしましょう。

◎紫外線防止グッズを使用する

肌に直接紫外線を当てない様に、日傘・つばの広い帽子・サングラス・長袖の洋服などを使用する様にしましょう。

特に紫外線が強くなる10:00~14:00までは外出時の服装には注意する様にして下さい。

太陽があまり出ていない曇りや雨の日でも紫外線は出ています。

なので、外出する時は必ず紫外線対策をする様に心がけましょう。

まとめ

今回は『紫外線がもたらす肌への影響』をご紹介しました。

紫外線はきちんと対策をしないと、数年後に肌のダメ―ジとして現れてしまいます。

なので、今からきちんと紫外線対策をする様にしましょう( ゚Д゚)!!!

関連記事

  1. 水分をとり過ぎている!間違った水分補給が疲れを招く!

  2. 美肌に近づこう!ピーリングが肌にもたらす効果とやり方

  3. SNSで話題沸騰中!333入浴法で綺麗女子を目指そう♡

  4. セルフネイルが上手くなる♡マニキュアを綺麗に塗る5つのポイント♡

  5. 食事制限や運動が嫌いな女性でもお腹痩せダイエットができる方法!

  6. 痩せにくい!アラサー女子はホットヨガでダイエット!