もう年齢は関係ない?若い女性に起こる尿漏れについて

ちょっとしたことで尿漏れを経験したことはありませんか?

実は年齢を重ねていなくても股に違和感がある女性は多いといいます。

女性ホルモンや出産などで尿漏れになるケースが増えているので、詳しくご紹介していきます。

女性の尿漏れの原因とは

出産で産道が大きく開き、それに伴って骨盤も広がってしまうことが大きな原因となります。

骨盤は膀胱や腸、子宮を支える骨盤低下筋群という筋肉の集まりですが、それが切れたりして元に戻りにくくなってしまいます。

違和感やちょっとした尿漏れを気にしすぎると頻尿へと影響する可能性が高くなると言われています。

出産だけでなく、今はライフスタイルの乱れから骨盤がずれている人が多いので人ごとではありません。

女性にありがちな尿漏れの3つのタイプ!

  • 腹圧性尿失禁

1番多いタイプで女性の40%がなると言われている尿漏れとなります。

日常生活の中で笑ったり、せきやくしゃみ、重い荷物を持った時などに起こる傾向にあります。

ちょっよしたことで起こるので、多くの女性は「おかしいな?」と思いながら病院へ足を運ばずに過ごしてしまいます。

  • 切迫性格尿失禁

体の冷えや急な尿意に教われること特徴的な症状として表れます。

50代の女性に多いタイプで、年齢と共に膀胱の柔軟さが失われることによって硬くなり尿自体が膀胱に長く留まらなくなってしまいます。

私たちアラサーよりちょっと年上の方のイメージですが原因のひとつとして頭に入れておきましょう。

  • 溢流性格尿失禁

特に何も刺激がない状態で無意識に尿がチョロチョロと出てしまう症状がでます。

このタイプの場合は、常に股に違和感があったり、女性特有の便秘が続いたりすることが多いです。

また、女性ホルモンの減少も影響してくるのでこういった症状がある人は病院へで受診してみてください。

気になる!尿漏れの検査について

  • 問診

医師に「尿漏れに気がついた時期」や「どういう時に起こるか?」「尿漏する量」「今までの出産の有無」などについて詳しく聞かれます。

問診をスムーズに行うためにもあらかじめ自分の尿漏れ状態をしっかり記録しておきましょう。

  • 内診

骨盤底が弱っていないかを診てもらいます。

婦人科の内診を受けるのと同じように行われ、膣を触診したり、他にも腹筋や子宮の状態もしっかり確認します。

  • パッドテスト

ある程度の期間、パッドのを実際に当ててその重さを計って尿漏れの状態を調べます。

2種類のテストがあり、「1時間パッドテスト」はまず500ml分の水を飲んでから、刺激を与えて1時間で漏れた尿を計ります。

また「24時間パッドテスト」はそのな名の通り1日中パッドを当てて、使ったすべてのパッドを集めて計ります。

こちらは実際にの生活の中でどう漏れするかわかりやすい面を持っています。

  • 超音波検査

尿道や膀胱けい部を中心に超音波で見て調べていきます。

超音波検査のメリットは、短時間で膀胱下垂や尿道の変形、残尿量などを一気に検査できるところです。

見てわかりやすいこの検査は、産婦人科や泌尿器科で簡単に受けることができます。

また超音波検査に3Dを導入している病院もあるので、心配な方は足を運んでみてください。

  • ウロダイナミクス検査

別名「尿流動態検査」「尿水力学生的検査」と呼ばれる検査です。

尿漏れ、排尿のしずらさや違和感、膀胱尿道の低下などを調べて評価していきます。

他の検査に比べて自分の尿漏れの状態がわかりやすい面を持っています。

こちらの検査も婦人科や泌尿器科で受けることが可能です。

抑えておこう!尿漏れ対策!

  • 便秘を解消する

女性は特に便秘になりやすいですが、尿漏れにも悪い影響を及ぼしています。

硬い便秘を出そうとするとお腹にかなりの圧がかかるため、骨盤底に負担がのしかかる形になります。

それを防ぐために普段から軽い運動をしたり、食生活にヨーグルトを取り入れたりと改善策を実行してみてください。

便秘を解消するだけでも大きく尿漏れは良くなっていくでしょう。

  • カフェインをとらない

今はたくさんのドリンクにカフェインが入っていますが、尿漏れ対策をするのなら控えた方がいいでしょう。

なぜなら、カフェインは膀胱の伸び縮みを誘発する作用があるため尿を溜めることに影響するからです。

特に仕事や家事で忙しくストレスを抱えている時や体調を崩している時は、カフェインの刺激が強くなるので気をつけましょう。

  • タバコをやめる

タバコを吸っていると女性ホルモンが急速に低下していくため、膀胱がいつもと違って異常伸縮してしまいます。

これが繰り返しされるとどんどん尿漏れは悪化していくので、タバコを辞めることをおすすめします。

  • 体感を鍛える

骨盤底筋肉は体感であるインナーマッスルのひとつとされています。

今は流行りのヨガやティラピスでゆっくり体を動かすことによって、刺激を与えながら体感をしっかり鍛えることができます。

体感が良くなると尿漏れもグッと減っていくでしょう。

まとめ

私たちアラサーには尿漏れは関係ないと考えていた人は多かったと思いますが、とても身近な問題だとわかりましたね。

原因をしっかり理解し、しっかり対策を実践しましょう。

友達にも教えてあげてください♪