潤いやハリのある美髪へ変身♡効果的なトリートメントの使用方法

皆さんは、髪の毛のケアをする時、どんなケアをしていますか?

きっと“トリートメント”を使用してケアをしている人が多いと思います。

しかし!何気なく使用している“トリートメント”は、髪の毛にどんな効果をもたらしてくれるのかご存知ですか?

「どんな効果をもたらしてくれているのか知らないまま使用している」

「とりあえずシャンプーとコンディショナーの後に使用している」

と、思った方もいるのではないでしょうか?

そこで!今回は「効果的なトリートメントの使用方法」をご紹介します♡

髪の毛の構造について

トリートメントの効果をご紹介する前に、髪の構造について少しだけご説明します。

髪の毛は、大きく分けると「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」という3層に分かれてできています。

キューティクル:髪の毛の1番外側。髪の内部組織を守る働きがある

コルテックス:髪の毛の85~90%を占める。髪の毛のしなやかさや強さを生み出す。

メデュラ:髪の毛の芯。紫外線や熱などの外部の刺激から髪の毛を守る働きがある。

パサつきや枝毛・切れ毛などの髪の毛のダメージは、この3層がダメージをうけることで引き起ります。

なので、毎日のコンディショナー・トリートメントなどで髪の毛をケアすることで、髪のダメージを修復する必要があります。

コンディショナーとトリートメントの違い

皆さんは、コンディショナーとトリートメントの違いをご存知ですか?

コンディショナーとトリートメントは、どちらも“髪の毛のダメージを修復してくれる効果”がありますが、髪の毛のダメージを修復する箇所が異なります。

◎コンディショナー

髪の毛の外側(キューティクル)を油膜でコーティングし、摩擦などの刺激から髪の毛を守る効果がある。

◎トリートメント

髪の内部(コルテックス・メデュラ)に保湿成分を浸透させ、髪の毛のダメージを修復する効果がある。また、髪の毛に栄養を与え、髪の毛の質感を整える効果がある。

コンディショナーは髪の毛の外側のダメージを補修・トリートメントは髪の毛の内部のダメージを補修する効果があるということです。

なので、髪の毛全体のダメージを改善する為には、コンディショナーだけでなく、トリートメントを使用して、髪の内部からダメージを補修することが大切なのです♡

効果的なトリートメントの使用方法

ここからは“効果的なトリートメントの使用方法”をご紹介します。

トリートメントは、洗い流すタイプと洗い流さないタイプがあります。

今回は“洗い流すタイプのトリートメント”の効果的な使用方法をご紹介します!

◎シャンプー&コンディショナーが終わってから使用する!

トリートメントは、シャンプー➡コンディショナー➡トリートメントの順番で使用するのがトリートメントの効果を最大限に発揮させるポイントです。

なので、トリートメントを使用する時は、髪の毛の汚れをシャンプーで落とし、コンディショナーで髪の毛の外側(キューティクル)のダメージを補修してから使用しましょう

◎トリートメントをつける前はよく水気を取ってから!

コンディショナーが終わったら、髪の毛に付いた水気をタオルでよく拭き取りましょう。

髪の毛に水気が多いまま使用してしまうと、トリートメントが水気で流れてしまい、効果が半減してしまいます。

◎トリートメントの量はつけすぎない!

トリートメントを沢山つければ、髪内部のダメージが補修されるわけではありません。

トリートメントのつけすぎは頭皮の毛穴を詰まらせる原因となり、髪にダメージを与えてしまう可能性があるので、多くはつけずに、適量を使用するようにしましょう。

目安は、ミディアムボブで“さくらんぼ大”位を使用するのがいいでしょう。

◎トリートメントは毛先からつける!

髪の毛のダメージを多く受けるのは、毛先です。なので、トリートメントを手にまんべんなくつけた後、毛先➡中間の順番でつけるようにしましょう。

髪の根元は、髪の毛が生えてきたばかりで、そこまでダメージをうけていないので、トリートメントをつけなくても問題はありません。

トリートメントを髪の毛につけた後は、手ぐしで上から下の順番で全体に行きわたらせるようにします。

目の粗いくしなどで髪の毛をとかしながら、トリートメントを行きわたらせるのもおススメです。

◎トリートメントを3~5分置く

髪の毛にトリ―トメントをつけ終わったら、蒸しタオルで髪の毛全体を包み込み、3~5分置きましょう。

そのままの状態で置くのではなく、タオルなどで髪の毛を包み込むことで、トリートメントの浸透力をUPさせることができます。

◎トリートメントはすすぎ過ぎない!

3~5分置いた後は、トリートメントをすすぎましょう。

この時、トリートメントをしっかりすすぐのではなく、髪の毛に少ししっとり感が残る位で終わらせるのがポイント。

しっかりとすすいでしまうと、せっかくのトリートメントの効果が減少してしまいます。

◎髪の毛のダメージがひどい人は毎日使用する!

トリートメントは、1週間に1回など、ケアする日を決めている人もいるかもしれません。

しかし、ヘアカラーやパーマなどを頻繁に行い、髪の毛のダメージがひどい人は、毎日トリートメントを行うことで、髪内部のダメージを修復することができるので、毎日使用するようにしましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

髪の毛は人の印象を大きく変えるポイントになります。

日頃から髪の毛のケアをすることで、潤いやハリのある“美髪”に近づくことができるので、皆さんも効果的にトリートメントを使用し、美髪を手に入れましょう♡

関連記事

  1. 自分で処理をしよう!産毛処理のメリット・デメリット

  2. もう季節は関係ない!美肌のための日焼け止め知識&対策

  3. 実は女性のが臭い!?自分の体臭を解消する方法

  4. いらないものを使うだけ!ベジブロスでキレイになろう!

  5. セルフケアで小顔をゲット♡美顔ローラーの効果的な使い方

  6. もう年齢は関係ない?若い女性に起こる尿漏れについて