美人はやっている!カサカサかかとをキレイにする方法!

かかとがキレイな人はとても美容ケアが行き渡っている人です。ほとんどの人がかかとにまで気が回らないのが現状。

かかとは放って置くとすぐカサカサになり、見た目も悪くなってしまいます。かかとがカサカサする原因から簡単にできるケア、対策までをご紹介します。

どうしてかかとはカサカサになるの?

かかとがカサカサになる原因は、外部からの刺激と乾燥の2つです。まず、外部からの刺激として毎日歩くことによって摩擦が起きること。

それによってかかとは角質が厚くなっていきます。歩くことは制限できないので、サイズがしっかり合った靴を履いて必要最低限の摩擦に抑えましょう。

乾燥は、年齢を重ねると油分が不足するからです。皮膚が生まれ変わるターンオーバーがだんだんと遅れることも影響しています。

そして最大の原因は、足に皮脂腺がないことです。油分が出ることがないので、1年中カサカサになりやすい状況になります。

かかとのカサカサをそのまま放置するとどうなるの?

かかとがカサカサになっても見ないふりをしたくなります。カサカサの状態を放置すると、足の皮膚が角質化しもっと乾燥してしまいます。

そうするとひび割れて痛みが出たり、出血することも。角質は水虫菌のエサになってしまうので、あっという間に水虫に感染してしまいます。

トラブルの元になるので、見て見ないふりをせずしっかりとケアをしましょう。

カサカサかかとのケア方法

フットケア

カサカサかかとのケアに専用のフットブラシは必須ではありません。家にあるボディ用やフェイス用のブラシでも十分応用がききます。

家にあるもので簡単にできる、かかとケアの方法をご紹介します。

  • 角質を柔らかくする

お風呂やフットバスにゆっくり浸かり角質を柔らかくします。フットバスの場合には、はちみつを入れることでより角質が柔らかくなります。

かかとを軽く押して、角質がしっかり水分で潤っているか確認をします。しっかりと角質をふやかしておきましょう。

あがる時は、かかとを軽くタオルで拭きとります。

  • 角質を落とす

かかとに、フルーツ酸配合のピーリングジェルをたっぷりと塗ります。もしピーリングジェルがない場合には、プレーンヨーグルトで代用できます。

プレーンヨーグルトの乳酸はフルーツ酸の一種だからです。しっかり擦って角質を落とします。そのあとは、お湯でかかとを軽く洗いましょう。

最後はしっかり手でかかとを撫でて、角質が落ちたか確認します。

  • しっかり保湿をする

かかとが柔らかい時は、痛みやすくなっているのですぐにケアをします。そこで、効果抜群のかかとパックをしましょう。

使わなくなった化粧水や乳液、クリームを多めに塗ります。そのままかかとをラップで包んで10分置きます。

美容成分がかかとに浸透してキレイになります。もし、寝る前ならラップの上から靴下を履いてそのまま寝ましょう。

かかとパックの時間が長くなるのでより保湿することができます。

  • それでもダメな時は?

長くケアを怠っているとご紹介した方法でも効果を得ることができない場合があります。そんな時は角質落としにやすりを使います。

まず、かかとをお湯にしっかりとつけます。最初は荒いやすりで擦り、仕上げには細かいやすりで角質をしっかり落とします。

最後にかかとパックを忘れずにしましょう。

普段からできるカサカサかかと予防対策

美しい足
  • 角質を落とし過ぎない

しっかりケアをしようとして、角質を落とし過ぎてしまうケースが多いです。一度に無理に落とそうとしたり、軽石やあかすりを使って加減がわからず傷つけてしまったりすることで、余計に角質が厚くなってしまいます。

  • 毎日同じ靴を履かない

足の裏は1日1リットルの汗をかくと言われています。毎日同じ靴では汗をたくさん吸い取って靴の形を変えてしまいます。

そうするとかかとが受ける摩擦による刺激が大きくなってしまうので、数足の靴を用意し順番に履いていきましょう。履き終わった靴は日干しして形をなるべく維持します。

  • かかとを冷やさない

冷えると血行が悪くなり、肌リズムが乱れるのでカサカサの原因となります。なるべく家にいる時も靴下を履いて温めましょう。

ムレが気になる人は5本指靴下を履いて、通気性良くかかとを冷やさないようにします。

  • マッサージをする

お風呂に入っている時に、足首をクルクルと回して最後に足裏を全体的にマッサージします。マッサージすることで肌リズムをしっかりサポートできます。

  • 油分を補う

お風呂上りにしっかり潤ったかかとにマッサージオイルを塗って油分を補います。油分があることで乾燥を防ぐ効果があります。

まとめ

かかとケアがしっかりすることで、体全体の美容を気づかうようになります。人目にあまり触れないからとかかとのケアを怠っていると、いつまでたっても理想の女性に近づけません。

体のいたるところどこでも、しっかりケアをすることで気配りができる美人になりましょう。

友達にも教えてあげてください♪