セルフネイルが上手くなる♡マニキュアを綺麗に塗る5つのポイント♡

皆さんは、自分で“マニキュア”を上手に塗る事が出来ますか?

自分で“マニキュア”を塗ろうとすると、ムラが出てしまったり乾いたと思っていたら全然乾いていなくてせっかく塗ったマニキュアがぐしゃぐしゃになってしまった経験がある人もいるのではないでしょうか?

自分でマニキュアを塗るのって簡単な様で実は難しいですよね。

しかし、自分で綺麗にマニキュアを塗れるようになれば、毎月ネイルサロンに通う必要もなくなりますし、自分の好きなタイミングでマニキュアの色やデザインを変更する事が出来ます。

そこで!今回は『マニキュアを綺麗に塗る5つのポイント』を皆さんにご紹介したいと思います♡

今まで自分で上手くマニキュアが塗れなくて悩んでいた人は是非今回の記事を参考にしてセルフネイルに挑戦してみて下さいね🙋★

マニキュアを綺麗に塗る5つのポイント

早速、皆さんに「マニキュアを綺麗に塗る5つのポイント」をご紹介します。

◎マニキュアを塗る前に爪の油分を取る

爪の表面には“油分”や“ゴミ”がついています。

“油分”や“ゴミ”が付いたままマニキュアを塗ってしまうと、マニキュアが“油分”や“ゴミ”のせいで浮いてしまい、しっかりと爪に密着する事が出来ないので、すぐにマニキュアが剥がれてしまう原因になります。

なので、マニキュアを塗る前はしっかりと手を洗い、清潔な状態にしてから行う様にしましょう。

手を洗い、清潔にした後は、コットンに“ネイルクレンザー”を付けて爪表面についている“油分”を取り除きましょう。

“ネイルクレンザー”は、爪の表面に付いた“油分”を取り除くだけでなく、マニキュアの密着度を高めたり、爪の消毒をしてくれます。

“ネイルクレンザー”で爪の表面を綺麗にケアしてからマニキュアを塗る様にするだけで、マニキュアのムラや剥がれを解消する事が出来ます。

また、爪の表面をケアする前に爪の形や甘皮の処理もきちんと行っておくと、より一層綺麗にマニキュアを塗る事が出来るので、爪の形や甘皮の処理もこの段階で行っておくと良いでしょう。

◎ベースコートを塗ってからマニキュアを塗る

爪の表面のケアをして、爪を清潔な状態にする事が出来たら爪に“ベースコート”を塗りましょう。

自分でマニキュアを塗る時、爪のケアをせずにそのままマニキュアを塗ってしまうと、数日でマニキュアが剥がれてしまうと思います。

マニキュアが剥がれてしまうのは、爪のケアがきちんと出来ていない証拠なので、マニキュアを綺麗に塗る為にしっかりと準備をしなければいけません。

爪のケアをした後、そのままマニキュアを塗るのではなく、一度“ベースコート”を爪に塗りましょう。

“ベースコート”は、マニキュアによる“色素沈着”から爪を保護したり、マニキュアを塗った後のツヤ感をUPさせる効果があります。

また、爪の表面をコーティングするので、爪表面の凹凸が無くなりマニキュアをスムーズに塗る事が出来る様になります。

“ネイルクレンザー”で爪の表面を清潔にし“ベースコート”で爪の表面をコーティングしたら、やっとマニキュアを塗る事が出来ます♡

◎利き手の爪から塗り始める

マニキュアを塗る時は、両手の爪を同時に塗る事が出来ればどちらも同時に乾かす事が出来るので安心ですが、そんな事は出来ないのでどちらかの爪にマニキュアを塗り、もう片方の爪に塗らなければいけません。

その時に、利き手ではない爪からマニキュアを塗ってしまうと、利き手の爪にマニキュアを塗る時がとても難しくなってしまいます。

何故なら、利き手ではない手の爪に付けたマニキュアを乾かしながら、利き手の爪にマニキュアを塗らなければいけなくなるからです。

利き手ではない手でマニキュアを塗るのは少し難しいので、マニキュアを塗っている時に、乾いていないマニキュアが肌についてしまったり、ぐしゃぐしゃになってしまう可能性があります。

なので、マニキュアを塗る時はまず利き手の爪から塗り始める様にしましょう。

利き手の爪に塗った後、利き手ではない手の爪にマニキュアを塗った方がきっとスムーズに塗る事が出来ると思います。

◎マニキュアは2度塗りをする様にする

マニキュアを爪に塗る時は、1度で塗るのではなく、2回に分けて塗る様にしましょう。

1回目は筆に付いたマニキュアをボトルのフチで落とし、全体に薄く伸ばしていきます。

その後、1回目に塗ったマニキュアが乾いたらマニキュアの量多めに取って重ね塗りをしましょう。

2回に分けて塗る事によって、マニキュアの塗りすぎを防ぎ、ムラを無くす事が出来ます。

また、マニキュアを塗る時は爪の中心部分から塗り始め、その後外側を塗っていく様にしましょう。

◎最後はトップコートで仕上げる

マニキュアが完全に乾いた事を確認したら、最後に“トップコート”を塗りましょう。

“トップコート”は、ネイルにツヤを与えたり、汚れからネイルを守ってくれる効果があるので“トップコート”を塗る事で、マニキュアが剥がれてしまうのを防ぐ事が出来ます。

トップコートを塗った後はひたすらマニキュアが乾くのを待ちましょう。

マニキュアが乾くまでの時間は、とにかく指先を使わない様にして下さい。

少しでも指先を使ってしまうと、せっかく綺麗に塗れたマニキュアがよれてしまったり、肌についてしまって塗り直す事になってしまうかもしれません。

そうならない為にも、とにかく完全に乾くのを待ちましょう。

(※マニキュアの保管先を“冷蔵庫”にすると、冷蔵庫内の温度と外気の温度差によりすぐに乾く様になるので、マニキュアを乾かしている時間を短縮させたい人は冷蔵庫でマニキュアを保管する様にするのがおススメです♡)

まとめ

今回は『マニキュアを綺麗に塗る5つのポイント』をご紹介しました。

指先は、意外に見られています。

なので、毎日綺麗なネイルをしていれば「あの人は常に綺麗だな~」と周囲に思ってもらえ、あなたへの評価が上がるかもしれません♡

女子力を上げる為に、爪のお手入れも気を抜かない様にしましょうね。

関連記事

  1. 多くの女性の悩み!冷え性の原因とおすすめ温活グッズ!

  2. 履くだけでダイエットに!ハイヒールダイエットで美脚にも!

  3. 跡を残さない!大人ニキビができる原因としっかりケア!

  4. 痩せない原因はここにある!太め女子の部屋と冷蔵庫の特徴

  5. 老けて見えてしまう!顔のたるみの原因としっかりケア!

  6. 美しい体に大変身!!骨盤の歪みを矯正する方法