どっちがいいの?硬水と軟水のメリットについて!

私たちは生活の中でよくミネラルウォーターを購入し口にしますよね。

日本では基本的に地下水のものが多いですが、硬水と軟水どちらを飲んでいますか?

また、何を基準にどちらを選んでいますか?

これからそれぞれのメリットとちょっとした豆知識も一緒にご紹介していくので、ぜひ注目しながら読んでみてください。

硬水と軟水の違いとは?

日本では一般的にその水に含まれているとされる「カルシウム」と「マグネシウム」の量によって区別することができます。

世界的にwhoをが基準とするのは 、水1Lに対して、含まれるカルシウムとマグネシウムが120ml以上なら硬水、未満なら軟水とされます。

一般的に硬水は口当たりが重く、軟水はとてもまろやかだと言われています。

日本ではミネラル分が少ない火成岩が多いため、雨にミネラルが含まれないまま川へと流れ軟水となります。

しかし、海外ではミネラルウォーターだけでなく、シャワーの水も硬水の場合が多い傾向にあります。

知っておきたい!硬水のメリット!

  • 便秘の解消につながる

硬水に含まれるマグネシウムは胃腸を強く刺激したり、する一方で便秘を柔らかくする働きがあります。

消化器系を活発化するので、便秘の解消に役立つとされています。

慢性的な便秘の女性は硬水であらかじめ予防をしている人が多くいます。

  • 代謝が良くなる

硬水のミネラル分は多いため、一気に体の基礎代謝が良くなる傾向にあります。

それによって、体についている脂肪が燃えやすくなるのでダイエットとして飲むことを習慣にするとリバウンドの心配はいりません。

  • 脂肪の吸収を抑える

硬水にある多くのカルシウムは、脂肪を吸収しにくくなる作用を持っています。

そのためダイエットにもおすすめで、脂肪指数を示すBMI の数値をグッと減らす効果も期待できます。

  • 動脈硬化を防ぐ

多くあるカルシウムやマグネシウムは、血液をサラサラにする作用があり、血管の病気である動脈硬化を防ぐことがでいます。

他にも硬水は、心筋梗塞や脳梗塞予防もしてくれます。

  • 料理に使いやすい

硬水は、料理の面では肉の臭みを和らげたりアクが出やすいメリットを持っています。

特に煮込み料理にうってつけで、どちらかと言うと和食ろり洋食で活躍します。

豆知識!硬水にぴったりのもの!

硬水を使うといいものをピックアップしますので、ちょっとした豆知識として覚えておいてください。

硬水は多くのカルシウムを含んでいるので、肉を柔らかくできためビーフシチューなどの肉の煮込み料理がぴったりです。

他にも、パエリアやチャーハンを作るとカルシウムの働きで仕上がりがパラパラになります。

抑えておくべき!軟水のメリット!

  • 胃腸に優しい

日本では一般的に軟水が飲まれているので、慣れもあり硬水を飲むと下痢を起こす人もいるようです。

水は健康のために毎日2L飲むと良いとされているので、軟水の方が胃腸に負担がかかりません。

  • 老廃物をデトックスする

水は体の老廃物をデトックスするものなので、1番いいのは軟水より硬度が低い「超軟水」を飲むことです。

軟水の優しさは、美容だけでなく健康にもダイエットにも適しています。

  • 子どもにも優しい

マグネシウムが少ない分、お腹に刺激を与えない優しさがあるため安心して子どもに飲ませることができます。

これに対して硬水では、子どもへの負担を考えると控えた方が良さそうです。

  • 美肌になる

軟水はお肌に触れると、古い角質を柔らかくして落とす効果があります。

これによって、肌のターンオーバーが正常に行われるため美肌になることができます。

また、肌トラブルや乾燥肌にもといぇも効果的なので洗顔に使うといいでしょう。

マグネシウムとカルシウムが多い硬水は、お肌がつっぱる原因になってしまいます。

豆知識!軟水にぴったりのもの!

日本で多く飲まれている軟水にぴったりのものを挙げてみましょう。

主食である白米はくせのない軟水が最適となります。

他にも、野菜を柔らかくしてする力もあるため和食全般にぴったりです。

また、緑茶も軟水だといい風味が出ると言われています。

硬水か軟水かメリットで決めよう!

これまで、硬水と軟水のメリットをご紹介していきましたが、それぞれに特徴がありましたね。

硬水も軟水も身近にあるスーパーやコンビニで簡単にミネラルウォーターが手に入ります。

便秘の解消は硬水、または美肌効果を期待したい人は軟水と飲み分けてみてみると良さがよくわかるでしょう。

どちらがいいち言うよりは、その人によって飲むべき水は違うと言えます。

また、豆知識としてぴったりな料理もご説明したので料理にも活用してみてください。

まとめ

今までミネラルウォーターを購入するときに硬水か軟水か見ていなかった人は多いのではないでしょうか?

それぞれにご紹介したような特徴がるので、ぜひ参考にしてメリットを生かした飲み比べをしてみてください。

美容と健康にいい使い方を身につけましょう。

友達にも教えてあげてください♪