生活習慣を改善するだけ!痩せやすい体に変身する方法♡

女性の一番の悩みと言えば「自分の体型」ですよね。

歳を取るにつれて体に脂肪がつきやすくなり「知らない間に体型が変化し、体重も増加してしまっていた…」なんて経験をしたことのある女性も多いのではないでしょうか?

若い頃は暴飲暴食をしても体型を維持することができたのに、何故歳を取ると太りやすい体に変化してしまうのでしょうか?

今回はそんなアラサーの悩みである太りやすい体を「痩せやすい体に変化させる方法」をご紹介します!

今の自分に自信が持てないアラサーの皆さん!

この記事を読んで痩せやすい体に変化し、自分に自信を持ちましょう( ゚Д゚)♡

太りやすくなる原因


◎基礎代謝の低下

20代前半の頃は、どんなに食べても全く体型や体重が変わらなかったのに、20代後半になった途端、体型や体重が大幅に変化してしまい、ダイエットを試みるものの、まったく効果が出ず、昔の自分の体型に戻るのを諦めてしまっていませんか?

私達は、歳を重ねると「基礎代謝が低下」してきます。

基礎代謝とは“生きていることを維持する為に使われるエネルギー”の事で、活動している時はもちろん、寝ている間にも使用されています。

基礎代謝は消費エネルギーの70%を占めているので、基礎代謝が高ければ高いほど、体内のエネルギーを沢山消費することができます。

体内のエネルギーをきちんと消費することができれば、脂肪細胞として蓄積されることなく、痩せやすい体でいることができます。

しかし!基礎代謝は、歳を重ねれば重ねるほど低下してしまいます。

基礎代謝が低下してしまうということは、体内で使用されるエネルギー量が減少してしまうことになるので、気づかないうちに太りやすい体に変化してしまうのです。

◎生活習慣の乱れ

皆さんは「バランスの取れた食事」「十分な睡眠」「適度な運動」をしていますか?

食事はコンビニか外食が多い・常に寝不足・運動は学生の時以来、全くしていない人が多いと思います。

コンビニや外食などは、自分の好きなものばかりを選んでしまいますよね。

しかし、自分の好きなものばかりを食べていると、体に必要な栄養素をバランスよく摂取することが出来ず、体内の栄養素が偏ってしまいます。

体に必要な栄養素が偏ってしまうと、体内の状態が悪くなってしまい、太りやすい体に変化してしまいます。

また、十分な睡眠時間を確保できていないと、食欲を抑える効果のある「レプチン」というホルモンの分泌が減少し、食欲を増進させる「グレリン」というホルモンが多く分泌されてしまいます。

さらに、睡眠中はダイエットや美容に効果をもたらす成長ホルモンが多く分泌されますが、睡眠時間が十分に確保できていない人は、成長ホルモンの分泌も減少してしまい、体にいい効果をもたらすことが出来なくなってしまいます。

痩せやすい体になるには

ここからは「痩せやすい体になる方法」をご紹介します♪

実は、毎日の生活の中で少し意識を変えるだけで痩せやすい体に変化することができるのです!

◎早寝早起きを心がける

先程も説明した通り、睡眠中は成長ホルモンが沢山分泌されています。

成長ホルモンがしっかり分泌されていると、筋肉量が増え、脂肪の燃焼効果があがります。

なので、寝ているだけで体内の脂肪を燃焼させる事ができます。

睡眠は、健康を維持するだけでなく、ダイエットや美容にもいい効果をもたらしてくれるので、睡眠時間を充分に確保するようにしましょう。

また、早寝早起きをすることで、深夜になると襲ってくる空腹に悩むこともなくなります。

深夜にこっそり食べるお菓子っておいしいですよね。

しかし、その一口が太る原因になっているのです。

早寝早起きをして、体内のホルモンを分泌させましょう♪

◎湯船にしっかり浸かる

基礎代謝を上げるには、血行を良くすることも大切です。

血行を促進させる1番簡単な方法は“38℃~40℃位のお湯に15分ほど浸かること”です。

1人暮らしの方などは、シャワーだけで済ましてしまうことが多いと思います。

しかし!毎日きちんと湯船に浸かり、体の血行を促進することで体の基礎代謝を上げることができます。

また、血行が促進されると、むくみを解消することもできるので、痩せやすい体に変化することができます。

◎食事の順番を変える

太ってしまう1番の原因は、体内で使用するエネルギー量よりも多くの栄養素を体に摂取してしまい、エネルギーとして使用されなかった栄養素が脂肪細胞として蓄積されてしまうことです。

「じゃあ、体に必要な分の栄養素だけを摂取すればいいのか!」と思うかもしれませんが、自分の体に必要な栄養素の量なんてわからないですよね。

そこで、意識してほしいのが、食事の順番です。

食べる食材の順番を変えるだけで、余ってしまった栄養素を脂肪細胞として変換しにくくすることができます。

食事を摂る時は、野菜➡主菜(タンパク質など)➡主食(炭水化物)という順番で食べるようにすると、野菜に含まれる食物繊維の働きにより栄養価を吸収しやすくなる・血糖値の上昇を抑える事が出来ます。

また、この順番で食べると、満腹中枢を刺激することもできるので、食べ過ぎを防ぐことができます。

まとめ

歳を重ねると太りやすい体に変化してしまうのは、みんな同じです。

しかし、毎日の生活の中で自分の意識を少し変えるだけで、太りやすい体➡痩せやすい体に変化することはできるのです!

特に、今回ご紹介した方法は、誰でも意識を少し変えるだけで実践できることばかりだと思います。なので♡皆さんも日々の生活を見直して、痩せやすい体をゲットしてくださいね!

関連記事

  1. 女子力アップが満載!いつものバスタイムに+αで女を磨く

  2. 便秘解消にいい!コーヒーの正しい飲み方のポイント!

  3. 老けて見える?気をつけたいNGな老け顔メイクの特徴!

  4. すっぴんではない!ノーファンデでお肌に優しいメイク!

  5. 背筋ピンっと!キレイな姿勢をキープする習慣&ストレッチ

  6. 甘酒で美しくなるために!簡単にできる甘酒料理レシピ!