良好な人間関係のために!人からの誘いを上手く断る方法

人からお誘いを受けることは嬉しいことですが、相手が上司であったり、苦手な人の場合は時に断りたいと考えることがありますよね。

そんな時に、相手に角が立たないように人間関係に影響が出ないような上手い断り方をご紹介していきます。

誘いを上手く断るためには?

大人になって仕事をするようになると、好きな人とだけのお付き合いではすまなくなり、上司や同僚など自分と合わない人とも人間関係を築かなくてはなりません。

そういった相手からの誘いがあった時に、断りたいけれど相手が不愉快に感じたらどうしようと考え断ることができない人が増えています。

まず誘いを断るためには理由が必要で、それは1つだけでなくたくさんあればあるほどケースバイケースで使いこなすことができるようになります。

誘いを断るための理由の具体例!

  • 誘いの内容を都合よく替える

少しでも誘いに参加したい気持ちを表すために、例えば「今日は20時までなら大丈夫なんですが」と相手が無理な時間に替えて提案し直してみたり「○○さんとも同じような話をしているので一緒に考えましょう」と一緒に参加できそうな人がいると言って時間稼ぎをすることができます。

一旦誘いを受け入れてから、都合のいいように内容を替えてみると相手も断られたという思いがあまりしないのでおすすめです。

  • 今忙しいとアピールする

誘ってきた相手がプライベートでのお付き合いがある人なら、仕事や病院への通院などを理由に断ることができます。

例えば「今月は仕事が忙しくて土日にも家で作業がある」「しばらく体調が悪いから病院に通院するから難しい」と具体的な言葉として伝えることで忙しさをアピールでき、他にも「数年ぶりに○○ちゃんと会う約束をしている」と言えばその人からの誘いを断って他の友人と会うことも不自然になることはありません。

この理由の場合「私には、忙しいって言っていたのに」と思われないように理由の言い回しに気をつける必要があるので注意しましょう。

  • 予定を確認してから連絡すると伝える

誘いを断る適切な理由がすぐに思いつかなかった場合に使えるのが、一旦予定を確認する時間を確保することです。

この方法のポイントとして「私から連絡するね」の一言を加えることで、しばらくして「予定はどう?」と再度誘われると余計に断りづらくなるので連絡は自分からはしっかり伝えておきましょう。

予定を確認する時間は人によって違ってくるので、少し考えて断る理由を告げるか、もしくはそのまま放置しておいて会った時に「あ!ごめんね、忙しくて連絡するの遅れちゃって」と忘れていた振りをすることも使えます。

  • 具合が悪いと説明する

とにかく今は誘いを断りたいという短期的な場合に使えるのが、具合の悪さを理由にすることです。

例えば「最近疲れていてだるい」「パソコンを長時間使っているから頭痛がする」と言った具体的な病気を連想させない日常的に起きやすい症状を挙げることで、相手を心配させることを避けましょう。

こういった症状の場合、いつ回復するかまで相手が把握するのは難しいのでしばらくの期間は誘いを受けなくなります。

  • 彼氏や旦那がうるさいからと伝える

特に仕事帰りの遅い時間帯の誘いを断る時に使える言い回しで、プライベート関係でない相手ならもし彼氏がいなくても居る設定にして断ることができます。

それほど深い関係でないのなら、実際に彼氏や旦那と会う機会もないので「夜遅い時間に出歩くのを良く思わない」とちょっと嫉妬深い人だと説明することで、遅い時間の誘いをずっと断ることができるようになります。

  • 今日は予定があるからと告げる

簡単に断れる方法として例えば「今日はこれからデートがあるから」「ヨガを習っていてこれから行くから」とすでに予定が入っていることをアピールすることが挙げられます。

こういった場合は相手も断られたと強く感じることもあるので、「誘ってくれてありがとう」「本当は行きたいけれど」と誘いを受ける気持ちがあることをしっかり言葉にして伝えることによって相手にも良い印象を与えることができます。

誘いは時に受けることも大切!

今まで上手く誘いを断る方法をご紹介してきましたが、毎回乗り気がしないからと断ってばかりでも良くありません。

大人としてある程度のお付き合いを学ぶことも自分にとってプラスに働くことがあり、誘われるということは相手から良く思われている証拠でもあります。

仕事の上のお付き合いである上司や同僚と一緒に過ごすことで、抱いていた勝手なイメージとは違った人柄を垣間見ることで、仕事がスムーズに運んだり、プライベートの友人なら意外と分かり合えるということも考えられます。

断ることは良好な人間関係のために必要な時だけ使うようにしましょう。

まとめ

誘われた時によって断りたいと思うことも出てくるので、相手を気づかった断り方をしっかり覚えておきましょう。

より良い人間関係のためにお付き合いに対して無理をせず、上手く乗り切ることで楽しい時間を過ごしてください。

友達にも教えてあげてください♪