顔色が悪く見える!目の下のクマの色別原因&改善解決法!

目の下にクマがあると体調が悪く見えてしまうので気になるという人が多いと思います。

ついついファンデーションやコンシーラーを厚塗りして隠したくなりますが、返って時間が経つと崩れて目立ってしまいます。

そこで顔が明るい印象になるように、目の下のクマの改善解決法をご紹介します。

クマの色別!原因&改善法!

  • 黒いクマ

・原因

黒いクマは、まぶたの開け閉めをする眼輪筋に加えて、眼球の守るクッションのような役目のある眼窩脂肪が歳を重ねるごとによって衰えて、眼球を支える靭帯がゆるんでくることによって生まれます。

目元の皮膚は薄いので、目の周りの筋肉が衰えてくるとたるみにつながり、眼球の重さに耐えられず押されてできるふくらみの下側が影になって黒く見えるのが黒いクマの原因となります。

最初は影ですが次第に色素沈着してくると、色が変わって茶色クマに変化する場合もあります。

・改善法

黒いクマを改善させるには、たるみを防止することが有効なので、こめかみに人差し指と中指を当てて、顔の筋肉を動かし表情筋をトレーニングすることで衰えをカバーしましょう。

他にも顔にはたくさんのツボもあるので、刺激することによって慢性的な顔のむくみが解消すると黒いクマが改善する一歩となります。

早めのケアで目の周りの衰えを防止することができるので、黒いクマの人は早めに改善法を実行しましょう。

  • 茶色クマ

・原因

目元の皮膚の厚さは0.5mm~0.6mmとかなり薄いので、紫外線や摩擦によるダメージに影響されやすく、結果的にシミやくすみとなり、色素沈着を起こし茶色クマになってしまいます。

本来紫外線を浴びると、皮膚はターンオーバーをし、古い角質を落としてくれますが、紫外線を浴びすぎたり、ストレスが溜まっていると、ターンオーバーに乱れが起きてシミになってしまいます。

また、キレイにしようと洗顔に力を入れ過ぎると、摩擦によってまた色素沈着が起こり、茶色クマが上まぶたにまでできてしまうことがあるので気をつけましょう。

・改善法

茶色クマは色素沈着したシミで、そう簡単に落ちはないのでじっくり改善する必要があり、シミ対策としてビタミンC誘導体を使った美容パックをすることでシミを消す効果から茶色クマを薄くしていく方法があります。

また、色素沈着の原因のひとつがメイクの洗い残しなので、しっかりメイクを落とすことを習慣にします。

ただし、洗顔の時にゴシゴシ洗ってしまうと皮膚に摩擦が起きてシミになりやすくなるので、泡で洗うように心がけましょう。

  • 青いクマ

・原因

青いクマは、目の周りの血行が悪くなり毛細血管が青っぽく透けることが原因となります。

体の冷えや生活習慣の乱れ、ホルモンバランスや寝不足が大きく影響を及ぼし、パソコンと長時間向き合う人は、目の周りに筋肉が硬くなり結果的に血の巡りが悪くなってしまいます。

・改善法

青いクマの原因は血行が悪いことなので、血液を流すことをイメージしたマッサージが効果的です。

両方の薬指にクリームを塗って、目頭の下から下まぶた、こめかみまで行って、さらにまぶたから目頭、こめかみの順にゆっくりと時間をかけて押してマッサージすることによって目の周りの血行が良くなります。

1日3回を目安にすると自然と青いクマが消えていくので、マッサージの時に無理に引っ張ったり、強く押して摩擦を起こさないように気をつけましょう。

クマを上手にメイクでカバーする方法!

自分のクマの色をチェックして原因と改善法がわかったら、しばらくの間クマを上手にメイクで隠す方法を覚えておきましょう。

  • コンシーラーを伸ばす

茶色クマの人はイエロー系、青いクマの人はオレンジ系のコンシーラーを使います。

クマを隠したいと考え厚塗りしてしまうと、皮脂や汗でメイクが崩れる原因となるので、ちょっとのせて薄く伸ばすイメージで使いましょう。

  • クリームチークを目の下とほお骨に

コンシーラーを薄く塗った分、クマをクリームチークで隠すメイクをしていきます。

まずクリームチークをクマより少し下に塗って、お肌にツヤ感を出して明るい色をプラスして顔色を良くしましょう。

あとは、ほお骨にチークを入れる時は目元にも使っているので、多すぎないように目の甲に少しのせる程度の量にして、笑顔になると1番高くなるほお骨を中心に中指と薬指でポンポンとチークを入れていきます。

  • パウダーチークを使う

先ほど使ったクリームチークと同じ色のパウダーチークを使って、目の下のクマとクリームチークの境になじませるように使っていきます。

そうすると、自然か明るい顔立ちとなり、健康的な顔に変身することができます。

まとめ

一言でクマと言っても色によって種類があり、その原因と改善法にもかなりの違いがあることがわかりましたね。

いつまでもメイクで隠すことに頼らずに、自分のクマの原因を知り改善することによって顔に明るさが戻って来るのでぜひ、ご紹介した方法を試してみてください。

関連記事

  1. 今すぐやるべき!簡単な節約で将来のために貯金する方法!

  2. 家と会社以外で!居場所を見つけるコツとおすすめスポット

  3. どっちにしよう?優柔不断な人が決断を早くするコツ!

  4. 人生を楽しむ為に♡自分らしく生きる5つのコツ

  5. 韓流アイドルがやっている!ハニーミルクパックで美肌に!

  6. 簡単にできるイライラを抑える方法で感情美人になろう!