それって第二の思春期!アラサー女子が抱える悩みとは…

だんだんと年齢を重ねてくると、女性は多くの悩みを抱えることになります。

それは世間的に、仕事や結婚、出産について決断が迫られることに大きく関係すると言われています。

そんなアラサー女子が抱える悩みについてご説明していきます。

アラサー女子に多い!第二の思春期とは?

よく耳にする「思春期」とは中高生が体の成長に伴い多くの悩みを抱える時期を言います。

それに対して30歳前後の時期に、女性なら誰もが悩む問題にぶち当たっている時期を「第二の思春期」と呼びます。

特徴として、仕事と結婚のどちらを選ぶかという決断や、子どもを産むかどうか、年齢的にタイムリミットが近づいているこの時期に多くの悩みを抱えていることです。

さらに、周りの友人が結婚を機にライフスタイルが代わり疎遠となり、結婚しないことで両親との距離も難しい点は、普通の思春期と似ているという面を持っています。

あるある!アラサーが第二の思春期にぶつかる悩み!

  • 極端に会える友人が減る

幼なじみや学生時代に出会った親友は、誰にでも存在しますよね。

しかし、アラサーにもなると結婚する人もいれば、仕事に一生を捧げると決める人まで幅広い生き方を選択する時期がやってきます。

そうすると、それぞれ家庭や仕事を守るためライフスタイルが今までとガラっと変わり、気軽に会うことが難しくなってしまいます。

家庭がある友人は旦那さんがいないランチを好みますが、仕事をしているとどうしても夜の飲み会の方が参加しやすいというすれ違いがすぐに生まれてしまうのです。

お互いに忙しいだろうと気遣って会えないどころか、電話さえするのを控えてしまいがちになり、極端に友人と呼べる人が少なくなることが頭を悩ませます。

  • 将来を考えていた彼氏との別れ

「確かに仕事は楽しいけれど、彼氏もいるしいずれ結婚して家庭に入ろう」と考えている女性はたくさんいるのではないでしょうか。

しかし、みんなが結婚というゴールにたどり着けるわけではなく、ごく少数の人は結婚しようと考えていた人と破局を迎えてしまうこともあります。

自分としては彼氏との将来を夢に描き、人生設計をしていたのに目の前で消えてなくなってしまうと途方に暮れてしまいます。

そんな時は、結婚している友人を羨ましく思ったりする分、誰にも相談できなくてとても辛い思いをし「このまま一生独身なのでは?」という大きな悩みを抱えて苦しみます。

この悩みの真っ只中の時は「縁があれば結婚できる」という言葉も耳に届かないこととなります。

  • 仕事がいまいちの状態

結婚をしていない女性というと、仕事一筋に打ち込んできて仕事が楽しかったり、出世して責任ある仕事を任せられているイメージがありますよね。

そういった女性は家庭を夢見ながらでも、仕事という生きがいと楽しさを持っていますが、独身女性で仕事もいまいち上手くいっていないという人がいます。

もう仕事にもだいぶ慣れてきているはずなのに、充実感もなくただなんとなく毎日が過ぎていくことに悩んでいる人は多くいるそうです。

かと言って、仕事に自信もなく専門的知識を求められるものではないので、自分以外にも代わりは誰でも勤まるとなると転職も視野に考え悩んでしまいます。

  • 美容に力を入れても効果がない

ぐっすり寝たはずなのに、翌日まで疲れを引きずってしまうという経験はありませんか。

気が付くと目の下にクマができていて、髪もボサボサなことに鏡に向かうまで気が付かないなど若い頃と同じ気分で過ごしていても、美容効果が出てこなくなってきます。

これは年齢と共に衰えていくことは仕方のないことですが、女性としていつまでも美しくいるためには若い頃より、歳相応のケアが必要となります。

以前は少し食べないだけで体重が減ったりしましたが、アラサーにもなるとちょっとのことでは体重は落ちませんし、痩せにくく太りやすい体質へと変わっていきます。

しっかり抑えよう!第二の思春期の乗り越え方!

思春期の頃と違いもういい大人なので、乗り越え方もシンプルなものになってきます。

1番いい考え方は「こんなことで悩んでも仕方ない」と悩み始めたら、この言葉でブレーキをかけることです。

今までご紹介してきた第二の思春期の悩みは、どの女性でも当てはまる一般的なものばかりなので、くよくよ悩んでいても解決せず、ただ時が流れるのを待つしかありません。

よく「時間が解決してくれる」と言いますが、まさにこれを実感する時期とも言えるので、時間と共に悩みを解消する方へ持っていきましょう。

まとめ

「第二の思春期」と言う言葉を今回初めて知ったという人は多いのではないでしょうか。

アラサー女子の悩みのタネは実は、自分だけでなくみんなが考えている悩みであることを実感し、ストレスを最小限にして乗り越えていきたいですね。

第二の思春期と上手く付き合いながら、結婚と仕事どちらを選んでも後悔のないよう自分に正直な生き方をしましょう。

友達にも教えてあげてください♪