肌が汚い!美肌に導く為に抑えるべきポイント5つ♡

毎日きちんとスキンケアをして、自分なりに努力をしているのに一向に綺麗になってくれない“肌”に嫌気がさした事はありませんか。

“肌”というのは大人になればなるほど「シミ」「シワ」「たるみ」など沢山の悩みが出てくると思います。

肌の調子が悪いと化粧をしても上手くいかなかったり、自分に自信が持てなくなりますよね。

「肌が綺麗になりたい…。」「スッピンに自信が持てる様になりたい!」という様な“肌に関する悩み”を抱えている女性の為に!

今回は『美肌になる為に抑えるべきポイント5つ』を皆さんにご紹介します🙆♡

汚く見える肌の特徴

男性は女性と出会った時にどこをチェックするかご存知ですか?

実は体型や顔ではなく“肌”をチェックしている男性が多いのです。

男性はどんな肌をしていると「この子の肌汚いなぁ…。」と幻滅してしまうのでしょうか。

ここでは『汚く見える肌の特徴』をご紹介します。

◎ニキビや吹き出物が目立つ

ニキビや吹き出物はコンシーラーやファンデーションで隠そうとしても時間が経つとメイクが落ちてきてしまい、ポツポツと出現してしまいます。

その上からファンデーションを塗ってしまうとニキビや吹き出物を悪化させてしまうだけでなく、メイクが厚塗りになってしまい“メイクが濃い女性”という印象を持たれてしまう可能性があります。

ニキビや吹き出物は生活習慣の乱れや食生活によって引き起こされてしまいます。

なので、ニキビや吹き出物が多い人は「生活習慣が乱れてるのかな~」とか「きちんとスキンケアしていないのかな」と思われてしまう場合もあるでしょう。

◎毛穴が開いている

若い頃はそんなに悩んだ事がなかった人でも、歳を重ねるにつれて「毛穴の開き」や「毛穴の黒ずみ」が気になり始める様になると思います。

毛穴は、歳を重ねれば重ねるほど開きやすくなってしまうので、化粧で隠そうと思っても鼻の上や頬の毛穴が目立ってしまいます。

毛穴が開いてしまうと肌が全体的に黒くくすんで見えてしまったり、ボコボコした様に見えてしまいます。

◎シミやシワが目立つ

紫外線に当たってしまったり、ニキビや吹き出物をケアしないでいると肌には沢山の“シミ”が出来てしまいます。

“シミ”が出来ると、肌の透明感が一気になくなり「汚い肌」の印象を持たれてしまいます。

また、全体がくすんで見える様になるので肌が疲れている様に見えてしまうでしょう。

“シミ”の他にも、歳を重ねると目立ってしまう“シワ”も肌の印象を下げてしまう原因になります。

美肌になる為に抑えておくべきポイント5つ

汚く見える肌の特徴でご紹介した“ニキビ”“吹き出物”“くすみ”“シミ”“シワ”などはどの様にすれば抑える事が出来るのでしょうか。

ここからは『肌のトラブルを抑え美肌になる為のポイントを5つ』ご紹介したいと思います。

◎紫外線対策をしっかりと行う

肌にとって“紫外線”というのは肌トラブルを発生させる1番の原因になります。

日焼け止めを塗らずに直接紫外線を浴びてしまうと、

・肌のバリア機能が低下する

・肌の衰えが加速する

・肌が乾燥してしまう

など、肌のトラブルを加速させてしまうのでしっかりと紫外線対策をしなければいけません。

化粧をする前にきちんと日焼け止めを塗る様にしましょう。

曇りの日でも紫外線は出ているので、毎日しっかりと塗る習慣をつけましょう。

また、外出時は日傘を使用する・日陰を歩く様にするなど、直接日光を浴びない様に心がけましょう。

◎肌のターンオーバーを正常にする

私達の肌は、28日周期で生まれ変わっています。

この肌の生まれ変わりを“肌のターンオーバー”と言います。

肌のターンオーバーが正常だと、肌に蓄積された汚れや古い角質がきちんと剥がれ落ち綺麗な肌を維持する事が出来ます。

しかし、日常生活が乱れてしまっていたりバランスの取れた食事を摂取していないと肌のターンオーバーは乱れてしまいます。

なので、普段から規則正しい生活を心がけ、バランスのとれた食事をする様にしましょう。

また、肌のターンオーバーが活発になるのは睡眠中なので、しっかりと睡眠をとる事も大切です。

◎腸内環境を整える

美肌になる為にはスキンケアだけではなく、体内環境を整える事も大切です。

その中でも特に“腸内環境を整える”事はとても大切なのです。

腸内環境が乱れ、便秘気味になってしまうと体内の老廃物を体外に排出する事が出来ません。

すると、体内では腸内に蓄積されてしまった老廃物が血液に吸収されてしまい、血流を通して体内を巡ってしまうのです。

すると、肌のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

美肌になりたいのであればきちんと腸内環境を整える様にしましょう。

◎正しいスキンケアを行う

肌トラブルを治す為に、過剰にスキンケアをしてしまっている人はいませんか?

「肌をきちんと洗えば肌に付いた汚れをきちんと取れるだろう」と思い、洗顔をする時に肌を強くゴシゴシしてしまったり、化粧水をつけた後に「乳液や保湿をしてしまうと油分のせいでニキビや吹き出物が出来そうだから塗らない」など間違ったケア方法をしてしまうと、肌のダメージが酷くなってしまいます。

・メイクはクレンジングでしっかりと落とす

・洗顔をする時は沢山の泡で優しく肌を包み込む様にして洗う

・化粧水・美容液・乳液・保湿は必ず行う

など、もう1度正しい方法でスキンケアをする様にしましょう。

◎メイク道具を清潔に保つ

皆さんは毎日使用しているメイク道具をきちんと清潔に保っていますか?

普段使用しているメイク道具が汚れていると肌トラブルを引き起こす可能性があります。

例えば、ファンデーションを塗る時に使用する“パフ”や“ブラシ”は肌に蓄積されている皮脂や老廃物がパフやブラシに移行してしまいます。

せっかく綺麗に肌を洗った後に、雑菌が沢山いるパフやブラシを使いたいと思う人はいませんよね。

美肌を維持する為には、肌トラブルの原因となるメイク道具をきちんと清潔にしましょうね。

まとめ

今回は『美肌になる為に抑えるべきポイント5つ』をご紹介しました。

現在、肌荒れに悩んでいる人ももっと肌をきれいにしたいと思っている人も是非今回ご紹介した“美肌になる為に抑えておくポイント”を忘れない様にしましょう。

関連記事

  1. 可愛い子にはある!トレーニング&メイクで作れる涙袋の秘密!

  2. むくみで悩んでいる女性必見!むくみが起こる原因と改善する方法♡

  3. 意外と見られている!すぐにできる美尻になる筋肉の鍛え方!

  4. 疲れ目に注意!目が乾くドライアイの改善ポイントとは…

  5. 韓国からのブーム!簡単にできる紙コップダイエット!

  6. カスタマイズしよう!簡単シャンプー&リンスの作り方