昼のままじゃダメ!夜デートでも映えるモテメイクの方法!

昼にしているメイクのまま夜デートに臨んでいませんか?

実は私たちが普段しているメイクは朝から昼に最適なもので、夜に同じメイクをしていると求めているキレイさが演出されません。

仕事の帰りなど夜にデートする時にベストなメイクをご紹介します。

夜デートで昼メイクがダメな理由!

夜デートは昼と違ってレストランやおしゃれなバーは大人の雰囲気で薄暗いところが多く、昼メイクのままだと顔の輪郭がぼやけてしまい、のっぺりとした顔に映ってしまいます。

さらにお店のライトで照らされると、シワやくすみが目立ってしまい老け顔の印象が強くなりせっかくのデートが台無しになってしまうので、はっきりとしたメイクで暗いところでも映えることが必要です。

夜デートのメイクポイント!

  • ベースメイク

夜は顔に影ができるので昼より明るい色を選び、ライトに対応しようとパール系を使うと返って顔がテカって見えてしまうので気を付けましょう。

  • ハイライト

ハイライトを顔に入れることによって、光が多く集まるようになります。

夜は、目頭と目尻、小鼻の3カ所を点とした三角形部分にベージュ系カラーのハイライトを入れることによって顔が立体的に見えます。

ハイライトの定番であるおでこと鼻筋のTゾーンも忘れずに入れます。

  • アイメイク

夜のメイクはアイメイクが1番大切で、一瞬で顔の印象が決まる部分となります。

顔の中でも影が入りやすい下まぶたにベージュやゴールド、シルバー、ホワイトなどの肌より明るい色のアイシャドウを塗ることで目元が明るくなり、ラメ系を選ぶことでよりキラキラした印象になります。

アイラインは太目に引くことによって、目の縁を引き締め効果でデカ目に見せることができます。

  • 口元

顔色の印象に大きく関係する口元は昼には控え目な色を使いますが、夜には派手かと思うぐらい明るい色がちょうどいいです。

仕上げにラメ入りのブロスでツヤ感を演出しましょう。

しっかりメイク!夜メイク実践法!

  • ベースメイクは重ね塗り

夜はマットな肌がライトに映えるので、化粧下地にパールが入っているものとマット系リキッドファンデーションを重ね塗りします。

光の影響で夜はクマが目立つのでコンシーラーでしっかり目の下をカバーし、仕上げにパウダーをパタパタします。

  • ハイライトは鏡をしっかり見る

まずはTゾーンに入れた後に、目の下の三角形部分にしっかりハイライトを塗って、最後にポイントとして顎にも少し入れます。

そうすることによって、より顔に立体感が生まれるので丁寧に鏡を見ながら少しずつハイライトを加えていきましょう。

  • チークで明るい顔色に

チークは昼には可愛らしさを演出してくれますが、夜は暗い印象を避けるため頬骨にそって塗ることに加えて目の下にも入れます。

カラーは赤だと派手になり濃いメイクという印象になってしまうので、夜のチークは黄色が入っているコーラルピンクが顔色も良く見せるのでベストです。

  • 口元はアイテム使いで鮮やかに

リップペンシルでしっかりと唇の輪郭を描き、内側に口紅をしっかり塗ることで色ムラを防止することができます。

さらに発色の良い明るい口紅を唇に少し馴染ませて立体的にし、仕上げにラメ入りのリップグロスを塗ることで艶やかになります。

  • アイシャドウはグラデーション塗り

アイシャドウはベースメイクがマットな仕上がりなので、ラメ入りで光を集めましょう。

アイホールの目頭には薄いブラウンを塗り外側へ向けてだんだんとベージュになるよう薄いグラデーションになるようにすると目が際立ちます。

目尻に白いアイシャドウを入れることで白目に透明感が出て美しい瞳になります。

  • アイラインは塗りつぶす

指でまぶたを上げて、まつ毛の根元にペンシルタイプのアイラインを使って目頭までペンシルの先を少し揺らしながら塗り、まつ毛の隙間を塗りつぶすことで目が引き締まります。

最後に目を閉じてまつ毛の際に細いラインを引き、目尻から2mmから5mmオーバーさせるとベストな太さになります。

  • マスカラで仕上げる

最初にビューラーでまつ毛を上げた状態を作り、鏡を顔の下に置いて目を伏し目がちにすることによって根元からしっかりマスカラを塗ることができます。

下まつ毛には繊維入りのマスカラを使いよく伸ばして扇型に仕上げていきます。

夜デートのマストコスメ!

  • ネラルファンデーション

昼メイクの後に夜メイクに切り替える時にあると便利なミネラルファンデーションは、顔の油をティッシュで1度オフにしてから、ブラシでそっと顔にのせるだけで透明感のある肌に変身できます。

  • グロス

唇が鮮やかでないと顔色が悪くなり印象も暗くなってしまうので、すぐに塗ることができるグロスがあるとステキな女性を演出できます。

夜はツヤ感のあるグロスを唇の中央に少し塗ることで、セクシーな女性になることができます。

まとめ

夜デートに昼メイクを直しただけで出かけていた人が多いと思いますが、顔がぼやけた印象になるためしっかり夜メイクを覚えておきましょう。

時間がある時は夜メイク実践法をして、デートまで時間がなく会社のトイレなどで短時間で済ませなければならない時には、ご紹介した夜デートのメイクポイントだけでもしっかり押さえて夜も美しくなりましょう。

友達にも教えてあげてください♪