髪の毛切りすぎたかも…できるだけ早く髪の毛伸ばす8つの方法!

ロングヘアをイメチェンしたくて思い切って、短くカットしてみたら自分に似合わないと感じた経験はありませんか?

例えば「5㎝カットしてください」とお願いしても美容師さんによっては自分の想像以上に短くなってしまうケースもあります。

そんな髪を切りすぎてしまった人に向けて、できるだけ髪を早く伸ばす方法をご紹介します。

髪が伸びるスピードは?

基本的に髪の毛は1日に0.3mm~0.4mm伸び、1か月でだいたい9mm~12mm伸びますが、髪の毛はデリケートなので体調や頭皮の状態などによってペースが変わります。

特に30歳を境にスピードが遅くなり、季節的に気温が低い冬には伸びにくい傾向にあります。

髪を早く伸ばすための8つの方法!

  • 木製の櫛で髪をとかす

木製の櫛であるつげ櫛は、静電気も起きにくく椿油を染みこませることによって髪に艶を生む髪の毛に優しい櫛です。

プラスチック製のブラシでとかすと髪の毛がちぎれてしまうので、木製の櫛に取り替え日頃からしっかりヘアケアをしましょう。

  • 頭皮をマッサージする

頭の中心を指の腹で3回押す

つむじを両手の人差し指、中指、薬指を使って優しく押さえていきます。

頭皮の全体を5回押す

指の腹で生え際から中心に向かい後頭部へと順に、ゆっくりと押さえることを5回繰り返します。

全体的に指圧を5回する

親指でこめかみを押しながら、他の指で生え際から頭頂部まで全体的に指圧していくことを5回繰り返します。

頭皮をつまんで叩く

指先で頭全体を軽くつまんで、叩くようにマッサージしていきます。

頭皮を3回揉む

両手を耳の上に当てて頭皮をはさむように3回揉みます。

入浴中やテレビを見ながらなど習慣にすることで、頭皮が柔らかくなり、頭皮マッサージをすることによって髪を成長させる毛母細胞に必要な栄養や酸素がしっかり届くようになります。

  • 髪が伸びるツボを押す

・百会

百会というツボは、おでこの中心から後頭部へのラインと左右の耳を結んだラインが交わる場所にあります。

親指で強く押して刺激することで血行が良くなり育毛へつながります。

・腎穴

腎穴は、手の小指の第一関節の中心にあるツボで、刺激することによって髪のパサつきや枝毛を防ぐ効果があります。

とても小さいツボなので、お米1粒をのせた上に手を重ね、力を入れることで簡単に押さえることができます。

  • 髪に良い栄養を摂る

・タンパク質

髪の主成分なので摂取すると髪が伸びる効果がり、主に肉や卵、大豆で取り入れることができます。

・亜鉛

タンパク質を髪へと合成する役目を持っていて、牡蠣やレバーなど普段あまり食べないものにしか入っていないので、亜鉛はサプリメントで摂取することがベストです。

・ビタミンC

亜鉛の吸収を高める効果があり、レモンやパセリ、ブロッコリーから摂取することができます。

  • ドライヤーは冷風を使う

普段使っている熱風は、熱さによって髪や頭皮の乾燥の原因となり、髪が健康的に育毛しなくなってしまいます。

そこでドライヤーはなるべく髪から離して、必要以上頭皮から水分を奪わないようにし、ある程度髪の毛が乾いてからは冷風を中心に使いましょう。

髪の毛を濡れたままにすると傷つきやすく、雑菌が繁殖する原因となるので自然乾燥は避けます。

  • ゴールデンタイムには睡眠を

髪のゴールデンタイムである22時~2時の間に、キレイな髪を作る成長ホルモンが最大に出る眠ってから3時間が当たるように睡眠をとります。

そうすると遅くても23時前に就寝することによって、成長ホルモンの効果を得ることができます。

髪の毛と睡眠の質には深いかかわりがあり、睡眠の質が悪いと頭皮の血行が悪くなり髪の毛の成長に影響を及ぼします。

  • ストレスを解消する

ストレスは血管を収縮するので血行が悪くなり、毛根にまで栄養が届かず髪が伸びなくなる大きな原因となります。

ストレス状態が長く続くと自律神経が乱れ、常に血管が狭くなって必要な酸素まで行き渡らなくなり髪の毛が伸びずに抜けてしまうようになってしまいます。

自分で頭皮を触ってみて硬いようなら、ストレスが溜まっている可能性があるので自分の好きなことをしたり、休日時間に縛られずゆっくり過ごすことでストレスを上手く解消していきましょう。

  • 定期的に美容院へ行こう

髪の毛を伸ばしたいと考えるとどうしても美容院から足が遠のきますが、実は自分の判断だけで髪の毛を伸ばすと髪が傷んでしまうことがあります。

髪の栄養補給であるトリートメントや枝毛などの処理はプロである美容師さんにお願いし、だいたい2か月に1度ぐらいのペースで髪の毛を伸ばしたいと伝えて毛先だけしっかり整えてもらいましょう。

まとめ

髪を伸ばす方法は何かを使うのではなく、生活習慣に髪の毛のケアを取り入れるような健康的なものなので、すぐに実践できますね。

切りすぎた人だけでなく、今ショートヘアだけどイメージチェンジしたい人も髪を伸ばす方法をぜひ活用してみてください。

友達にも教えてあげてください♪