コンビニ食で気軽にできる!おすすめコンビニダイエット

気軽に食べ物を買えるコンビニはとても便利ですが、手作り料理に比べると栄養が偏っているイメージがあります。

しかし、実はコンビニ食でダイエット向きの商品が続々登場しているので、それを食べることでダイエットにつなげるコンビニダイエットを実践してみましょう。

コンビニダイエットのメリット!

  • 摂取できる栄養が豊富にある

主にコンビニ食で摂取でき、ダイエットに必要な栄養素は6種類ほどあります。

・タンパク質

体の筋肉や皮膚、爪を作るのに活躍するので、健康的に痩せるのに欠かせません。

・炭水化物

体のエネルギー源となっており、血糖値を上げる効果があります。

・食物繊維

コレステロールに吸着して、体の外へ排出する力を持っており便秘を解消し、水分を膨らませて空腹感をあまり感じないようにします。

・脂肪

体温を保つため脳の働きを助けて、皮膚の細胞を守りビタミンを運ぶ役割を担っています。

・ビタミン&ミネラル

体内代謝のために酵素の働きを支え、体を正常にキープする力を持っています。

  • 温かいドリンクやスープがある

食事の一口目に温かいものを入れると空腹によって高ぶった交換神経を安定させ、胃液が分泌され食事を受け付ける準備をすることができるので消化が良くなります。

さらにダイエットのため食事のカロリーを抑えると体温が下がり、代謝が下がることによって血行も悪くなり内臓に負担がかかり痩せにくい体質になってしまうので、体を温めることができるドリンクやスープはダイエットにおいて大切となります。

おすすめコンビニダイエットのメニュー

ダイエットとして最適な主食とメイン料理に加え、サラダとスープを添えたメニューをご紹介していきます。

  • 主食におすすめメニュー

・おにぎり

白米のものより玄米や五穀米の方がかたくいのでよく噛む分ダイエットにつながります。

・サンドイッチ

コンビニでは様々な種類のサンドイッチを扱っていますが、甘い系のホイップ入りやジャムやあんこを使っているものは避け、野菜の量が多いものを選びます。

  • メインにおすすめメニュー

・ロールキャベツ(セブンイレブン)

中身は肉なので100gあたり80キロカロリーと高カロリーではありますが、炭水化物をグッと抑えながらキャベツで野菜を取り入れることができるダイエット向けのメイン食です。

・サラダチキン(セブンイレブン)

鶏のささみ入りサラダが最初話題となったことがきっかけで、ダイエット中の人に人気となっている商品です。

すでに塩、こしょうで味付けがしてあって、パッケージから出してお皿に盛るだけになっており、手軽で脂肪や糖質が低いダイエット食として時間がない時にもおすすめできる商品となります。

  • サラダにおすすめメニュー

・野菜を食べる!豚しゃぶパスタサラダ(ファミリーマート)

価格は他の商品よりもお高めですが、その分ボリュームがありなが野菜多めでパスタ少なめになっている優れものです。

このサラダには胡麻ダレがついていて、合わせて食べると野菜が苦手な人でもサラダをたくさん食べることができ、タンパク質が十分にとれるダイエット食の定番となっています。

・海藻ミックスサラダ(ローソン)

大根やにんじんで作られたサラダで、メインにわかめが入っていて16キロカロリーです。

わかめなどの海藻はほとんどカロリーが0に近く、それでいて食物繊維が豊富で便秘が解消され、ミネラルで太りにくい体質へ導いてくれます。

  • スープにおすすめメニュー

・野菜とウィンナーのコンソメポトフ(ファミリーマート)

ポトフは一気にたくさんの野菜を食べることができ、野菜のかさが減っているのでその分お腹が満腹になるダイエットでも注目されている料理です。

入っているものはウィンナーを除くとほとんどが野菜なので、余分なカロリーカットができ栄養バランスも抜群となっています。

・スープ春雨カップ白湯風(各コンビニ)

春雨は緑豆から作られているので低カロリーでありながら、高タンパクでダイエット食として最適な食材を使っています。

スープの王道であるポタージュスープやトマト系スープよりも、味があっさりしていて後を引かず体をしっかり温めてくれます。

ダイエット向け!コンビニスイーツ!

  • 有機むき甘栗(セブンイレブン)

甘栗自体はカロリーが高いですが、その程よい硬さで多くの人がダイエット中に感じるストレスを噛みごたえで解消できるタイプのダイエット食として注目を集めています。

3袋入りなので、1袋ずつ食べるとカロリーを抑えて食べることができます。

  • ソフトクリーム(ミニストップ)

ミニストップの看板商品であるソフトクリームは北海道産の生乳と生クリームを使った濃厚な味が美味しいと評判の逸品です。

美味しさも味わいながら、カップタイプで食べるとコーンより29キロカロリーカットの138キロカロリーで食べることができ、通常のソフトクリームとなると200キロカロリーはあるので、ダイエット向けのアイスになっています。

まとめ

食べるものをサラダだけなど少なくするのではなく、主食やメイン、スープまで食べてできる我慢しないダイエットとしておすすめです。

甘いものが食べたくなったらコンビニスイーツを上手に取り入れてコンビニダイエットを楽しみましょう。

友達にも教えてあげてください♪