既婚者に恋人?不倫とは言わせないセカンドパートナーとは…

最近、既婚者の間でブームになっているセカンドパートナーをご存知でしょうか。結婚をしていても恋人を作り、これはセカンドパートナーであって不倫ではないと言い切る彼ら。

既婚者が恋人を作るということは、問答無用で不倫じゃないの?と疑問を抱く方もいらっしゃいますね。しかし、セカンドパートナーは少々特殊な関係のようです。

そこで今回はこの既婚者がはまるセカンドパートナーについて詳しく解説いたします。

セカンドパートナーが不倫ではないと言われる理由

セカンドパートナーとは、友達以上不倫未満だと言われています。友達以上というのは何となく想像がつくけれど、不倫未満ってどんなものでしょうか。

それは、セカンドパートナーとの関係は完全にプラトニックだということです。中学生くらいの恋愛を考えてもらえるととても分かり易いと思います。

体の関係は一切ありませんし、キスもしません。せいぜい、手を繋いだりハグをするくらいの関係なのです。しかし、恋愛感情はあり気持ちでは強く繋がっている為、もしも今の夫や妻と離れるような事があればセカンドパートナーと再婚をしようと約束をしているカップルも数多くいます。

欲望のまま、刺激だけを求める不倫とは違うということです。セカンドパートナーを持つのは40代や50代と若い世代よりは、大人の世代に多いのも頷けますね。

セカンドパートナーとのデート

体の関係は一切ないセカンドパートナーとのデートはどんなことをするのでしょう。健全なお付き合いですので、日中に散歩をしたり映画を見たり、夜に会うとしても食事をしてそれで終わりです。

手を繋いで歩く事はあるかもしれませんが、やましいことはしていない(不貞といわれるようなこと)ので、かなり堂々と街を二人で歩くことが出来ます。ここも一般的にいう不倫とは違いますね。

周りからはただの友達に見えるでしょう。もしも、夫や妻に見られたとしても責められるようなことはしていないと強く伝えることが出来ます。

セカンドパートナーを恋人として持つ方の中には、夫や妻にきちんと会う報告をしている方もいるほどに、堂々としています。仲の良い異性の友達は、実は気持ちが通い合ったセカンドパートナーだという可能性もあるのです。

セカンドパートナーの存在は本当に不倫ではないのか

セカンドパートナーとはキスはおろか体の関係もないのですから、不倫ではないと経験者は皆答えます。既婚者が婚外で恋人を作るという行為は本当に不倫ではないのでしょうか。

不貞をはたらいている証拠がないと不倫として認められませんが、やはり既婚者が恋人を作り、夫や妻に対して精神的な苦痛を与えてしまうことは事実です。セカンドパートナーを容認している夫婦は別ですが。

例えば、離婚をする際に慰謝料が発生しますが不倫(不貞行為が認められた)の場合と比べて半分以下になると言われています。50万円ほどは慰謝料を払わなければいけないでしょう。

不倫であって不倫ではない、しかし限りなく不倫に近いということだと思います。つまり、夫や妻に悲しい思いをさせてしまうことは不倫もセカンドパートナーを作ることも同じだということです。

もしも、離婚調停になってしまった時にはかなり不利になりますので、セカンドパートナーがいる方、これから作りたいという方は気を付けなければいけませんね。

セカンドパートナーを作る人の特徴

結婚生活の中で失いつつある「男」、「女」という自分の中にあるものをもう一度呼び覚ましたいと思う人にセカンドパートナーを作る人が多いです。

恋人という存在がいるだけで体の関係がなくても、家族として見られるばかりだったものが、男としてまた、女として見られることで自信を取り戻し、トキメキをも感じることにセカンドパートナーは魅力があるのです。

不倫ではない、純愛での関係だと声高に伝えたい気持ちがわかりますね。また、保険としてセカンドパートナーを探し見つける方もいます。

夫や妻と上手くいっていない、しかし離婚するほどでもない。あるいは、子供が巣立っていったら離婚を考えているという方は、第二の人生の為にプラトニックな恋人を作るのです。

欲望だけではない関係に誇りを持つようになるのも特徴の一つです。

まとめ

「既婚者に恋人?不倫とは言わせないセカンドパートナーとは…」はいかがでしたか。既婚者の間でブームになっているセカンドパートナーですが、プラトニックな関係であるということから、作ること自体はハードルがかなり低くなります。

しかし、気持ちがなによりも大切な関係ですので本当に心から好きな人に出会わなければセカンドパートナーとしては成り立たなくなってしまいますね。既婚者でも恋をしてはいけないことはないと思います。

結婚をしてから運命の人に出会う場合ももちろんありますから。自分の行動に責任を持ってセカンドパートナーと向き合っていって欲しいと思います。