我慢できない!彼に直して欲しいところを上手く伝える方法

交際を続けていますと、良いところばかりではなく何だか気になる部分も見えてきます。

大好きな彼だからこそ、こんなことで嫌いになりたくないと思うならば、彼に直して欲しいところは伝えるべきです。

初めは我慢出来ていても、小さなことが積み重なってくると大きな負担となりいずれは別れが訪れてしまいます。

しかし、直して欲しいところを伝えるのは難しいですよね。

伝え方を間違ってしまうと、喧嘩になってしまう恐れもあります。

そこでこちらでは、そんな彼に直して欲しいところを上手く伝える方法をご紹介します。

彼に素直に聞き入れてもらえるように、ちょっとした工夫で上手く伝えることに成功しますよ。

これからもずっと仲良く交際していくために必要なことですので、ぜひ参考にして、お互いに不満のない交際をしていきましょう。

仲の良い雰囲気の時に伝える

悪い話をする場合に、例えば喧嘩をしているついでに言ってしまうことってありますよね。

しかし、言ってはいけないと分かっているのにそんな時に伝えるのは、火に油を注ぐようなもの。

彼だってイライラしている所に直して欲しいところを伝えられても聞き入れられるわけがありません。

なので、伝える時の雰囲気は大事なのです。二人が仲の良い雰囲気の時を見計らって伝えましょう。

まったりしている時は気持ちもリラックスしているので、あなたの話をきちんと聞いて、素直に「気をつけるよ」と言ってもらえます。

あなた自身、その我慢できないと思っている彼の直して欲しいことについてモヤモヤした状態ではないので、言い方にも棘が含まれずにすみますね。

まずは彼の良いところを伝えて

飴と鞭ではありませんが、直して欲しいことばかりを並べて彼に伝えても彼は良い気がしません。

それ故に、機嫌も悪くなりだし、喧嘩になってしまう事態を引き起こしてしまいます。

あなたは喧嘩をしたいわけではなく、ただ彼に直して欲しいところを伝えて彼にもっと成長して欲しいだけですよね。

でしたら、まずは彼を褒めるところから始めましょう。

「あなたのこういうところは大好き!でもここは直してほしいかな」

という具合です。

きちんと好きなところはあることを伝えてください。もっと言えば、好きなところばかりだけれど、一つだけ直して欲しいという伝え方ですと彼にとって何ら難しくない問題だと思ってもらえます。

彼だってあなたに好かれていたいはずですものね。

間接的は言い回し

ストレートに直して欲しいところを伝えると、彼の性格、あなたの言い方によっては喧嘩の火種になることがあります。

もっと良い関係にするためにあれこれ考えながら伝えるのですから、トラブルになっては本末転倒ですよね。

そこで間接的に伝えてみましょう。

「テレビで言ってたんだけど、〇〇をする人は周りの人を不愉快にするんだって、私もそうだなって思ったんだ」

「友達の彼が〇〇することで悩んでいるんだって、大変だよね」

ということをさりげなく彼に伝えると、思い当たる節のある彼は、今までの行動を省みた上で、これからの行動を考えるようになります。

間接的に伝えることで、「私がこう思う!」という直接的な言い方を避けることになりますので、二人のトラブルは回避されます。

さりげなく伝えることがポイントですから、会話の中で自然と出すように注意しましょう。

手紙で伝える

古典的な方法ですが、口に出して伝えるより効果が高まります。手紙に直して欲しいことを書く際には、感情的になることはありません。

淡々と自分が思っていることを相手がわかりやすいようにまとめて書くことが可能ですから、相手に伝える手段としては良いのですよ。

今の時代、手紙を書くこと自体が減っていますが、愛の言葉と一緒に書くことで彼はラブレターの一種と捉えます。

抗議文だと思われないように、直して欲しいところばかりを書き綴らないようにしてくださいね。

あまりないシチュエーションで彼も嬉しいかもしれませんね。

お互い様の精神で

彼に直して欲しいところがあるように彼にもあなたに直して欲しいところがあるはずです。

きみはそのままでいいよと言ってくれる彼をお持ちでも、自分自身変わりたいと思うところはありますよね。

「私は〇〇を直すからあなたは〇〇を直そうよ」

「お互いに苦手なところを克服していかない?」

というようにお互い様の精神で、伝えることができます。

これだと彼は自分が責められていると感じることがないですので上手く直して欲しいところを伝えられますね。

まとめ

彼に直して欲しいところを伝えることは考えれば考えるほど難しいものだと感じてしまいます。

しかし、伝えなければ将来的に二人が上手くいかなくなってしまう可能性が高まってしまうので、相手を傷付けないように、嫌な気分にさせないように上手く伝えるようにしましょう。

お互いに高め合えるような関係を目指してくださいね。

友達にも教えてあげてください♪