冬こそ痩せやすい!冬太り知らずのダイエット女子になりましょう!

冬になると、甘いものがふと食べたくなったり年末年始になると連日の飲み…。

「今日だけ!」が積み重なって、気づいたら太ってたなんて経験がある人も多いと思います。

夏になるまでに痩せよう!そう毎年冬になると掲げている人も多いはず。しかし、冬こそ痩せやすいといわれているんですよ!

上手に冬を過ごして、夏に焦らない痩せモテボディを手に入れましょう。

本当はどっち?

夏太りという言葉はないですが、冬太りという言葉あるから冬は太りやすい?という印象ですが実は冬のほうが痩せやすいという情報もあるんです。

一体どっちなの?と思っている人も多いはず。正解は両方なんです。冬は太りやすくもあり、痩せやすくもある。

太る事実と痩せる秘密をおさえて冬太り知らずになりましょう。

冬の痩せる秘密はこれだ!

  • 寒いと代謝がアップ!?

暑さや寒さを感じると体は一定の温度を保とうとします。夏に暑さを感じると汗をかきますよね。まさにこの働きです。

逆に冬になると、寒さを感じ、熱作るために脂肪を燃焼します。その時たくさんのエネルギーを消費するために基礎代謝がアップしていきます。

基礎代謝は、何もせずにいるときに消費されるエネルギーのことを言いますが、この量が多い人ほど簡単に痩せることができます。

  • 褐色細胞とは!?

冬に痩せるためにもう一つの秘密は、褐色脂肪です。はじめて耳にした人も多いかもしれませんね。褐色脂肪とは、脂肪を燃焼してくれる細胞のことをいいます。

首周り、肩甲骨の周り、脇の下など限られた箇所にあります。この細胞は寒くなると活性化してくれます。

つまり、冬になるとこの細胞は活発化するんです。脂肪は燃えやすい状態になるということです。

太る事実はこれだ!

  • 身体の防寒具??蓄積脂肪

脂肪は天然の防寒着といわれており、冬に冬眠をする生き物はたくさん体に蓄えて寒さをしのぎながら眠りにつくのはそのためです。

寒くなると自然と体は、脂肪を蓄えようとしてしまうため、太りやすい時期といわれてます。

  • 運動不足

夏に比べて外出する機会がへったり、インドアで過ごすことが多い冬は、当然消費カロリーが落ちてしまいます。そのためカロリーを消費することもすくなく、痩せにくくなります。

  • 冷え性による血行不良

気温が低くなってくると手足がとても冷える、いつも冷たい!と冷えに悩まされる女性は多いですよね。なかなか治るものでもないし、周りのみんなもそうだし、女性あるあるだよねで済ませてないですか?実は冷えはダイエットの大敵ですよ。

身体が冷えていると、血流が悪くなって新陳代謝が落ちてしまします。胃腸の機能も低下しやすくなるため消化が悪くなったり、脂肪がたまりやすい体になってしまいます。

また、脂肪は冷えると固くなってしまい落ちにくくなる原因にも。

  • 摂取カロリーが多い?

冬はイベントが目白押し。クリスマス、年末年始と暴飲暴食になる時期。イベント時にはたくさんおいしいものも並んでますしついつい連日の食べすぎと飲みすぎなんてこも!

ついダイエットと無縁になってしまい、カロリー過多になってしまいますよね。

  • 冬式ダイエット法

冬の痩せる秘密と太る事実が分かったところで具体的なダイエット法をご紹介します。

  • 服装のポイントは「下半身は厚着、上半身は薄着」がいい

冬はとにかく気温が低いため、防寒をたくさんしますよね。防寒方法でなんとダイエットができるんです。

☑冬の痩せる秘密は「基礎代謝アップ」
☑冬の太る事実は「冷え性」

この2つのポイントをうまく利用しましょう。

みなさんは冬はどんな服装をしてますか?

上半身は、ヒートテックにコートにマフラーに帽子で防寒しているのに、足元は薄着なんてことはないですか?これでは痩せません。冷え性がどんどん悪化していきますよ。

冬のダイエットを最高させるには”富士山”をイメージしましょう。=「下半身は厚着、上半身は薄着」

頂上である頭はできるだけ涼しく、ふもとである下半身は重ね着をします。今はかわいいデザインの腹巻や毛糸のパンツもありますよね。しっかり血流をよくして、冷えから体を守ってあげましょう。

お風呂に痩せる秘訣が!冬におすすめの入浴剤の代用品

冷え性を改善するには、入浴がとてもいいです。

入浴剤を入れることも効果的ですが、入浴剤のかわりにおうちにあるものをいれてみるのいいかもしれません。

①生姜:発汗作用、血行促進効果あり。風の引き初めにもいい。
②日本酒;血行促進効果や美肌効果もあり。
③ゆず:発汗作用、血行促進のほかに保温効果も。
④塩:手先や足先の末端冷え性に効果あり。またむくみ解消も

その日の気分にあわせてやってみるのもいいのではないでしょうか。

  • 部分マッサージ

入浴している間も貴重なダイエットタイム!入浴中に気になる部分をマッサージしましょう。

気になる部分を触ってみると”固い”という印象をもったことはありませんか?それは、老廃物がたまっている証拠です。柔らかい状態にすることにより、脂肪は落ちやすくなりますのでしっかりマッサージで揉み解しましょう。

やるときのポイントとして、マッサージ前と後にはしっかり水分補給をしてくださいね。

  • たまには岩盤浴やサウナへ

毎日の自宅でのお風呂以外でも岩盤浴やサウナに行くこともおすすめです。

冬はどうしても老廃物がたまりやすくなってますので、週に1回程度の間隔でリセットしていくと、効率的にダイエットがすすみやすくなります。

汗を流すことによりデトックス効果がありますので、定期的に汗を流すことにより、余計なものが体からでていき、痩せやすい体づくりにつながります。

飲み会の翌日のリセット術

冬のシーズンはクリスマスに忘年会、新年会となにかとイベントがかさなり連日にわたり、飲み会なんて人も多いはず。

せっかくダイエットをしていたのに、リバウンドしてしまうなんて経験がある人もいるかと思います。そんな人に朗報です。

  • 飲み会を乗り切る方法

お酒はなるべく蒸留酒を選ぶこと。なぜ蒸留酒がいいかといいますと、血糖値があがりにくく太りにくいお酒です。

逆に、醸造酒や混成酒は糖質が多く含まれているため、飲むほど太りやすくなります。

それぞれにどんなお酒があるか紹介します。

蒸留酒:ウィスキー、焼酎、ブランデー、ウォッカ、テキーラ、ジン、ラム酒
醸造酒:ビール、日本酒、紹興酒、ワイン
混成酒:梅酒、カンパリ、リキュール類

お酒を注意したとはいえ、おつまみにも要注意ですよ!甘い味付けのものや揚げ物は要注意です。締めのラーメンは絶対にだめです。

  • 翌日のリセット術

できるだけお酒やおつまみを注意していても、付き合いもありますし完璧にうまくはいかないですよね。

そんな時は翌日にリセットしましょう。食べたものが脂肪と定着するまでには3日あるといわれてます。

まずは翌日は、食べすぎないように気を付けましょう。また、水分や野菜をなるべく多く取るようにし、食べたものをエネルギーに変え、老廃物を代謝する働きのあるビタミンB群をとりましょう。サプリメントで補うのがおすすめです。

これ3日続ければ、一時的に急上昇した体重も徐々に落ちてくるでしょう。

冬の食材を積極的に食べよう

フルーツや野菜などの食べ物は旬である時期や季節にたべる意味がちゃんとあるといわれてます。その時期に体に補うのが最適だそうです。

大根:脂肪分解酵素が多く含まれる。
白菜:体内に不要な水分を体外に排出するカリウムが豊富。
春菊:体内の毒素をデトックス。血液サラサラ効果も
ブロッコリー:肝機能を向上させる成分が豊富。
長ネギ:糖質代謝を高める成分や脂肪燃焼を促進させる成分が含まれる。

まとめ

冬のダイエット術はいかがでしょうか?年末年始はイベントが重なったりと連日、飲み会になってしまうなんてことも多いと思いますので、頭の隅に知識があるだけでも今までとちがった冬が過ごせるかと思います。
ちょっとしたコツや覚えておけば、冬太り知らずのモテ女になれちゃうかもしれません。

友達にも教えてあげてください♪