ぐっすり眠ろう!睡眠の質を上げる方法♡

皆さんは、朝スッキリと目覚めることができていますか?

「起きる時間だとわかっていても、なかなか布団から出ることが出来ない」

「しっかりと眠ったはずなのに、起きると体がだるい」

「睡眠時間が足りていなくて、日中常に眠い」

など、睡眠に対して悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか?

“質のいい睡眠”は、私たちの体を健康にするだけでなく、美容やダイエットにもいい効果をもたらしてくれます。

そこで今回は「睡眠の質を上げる方法」をご紹介します♪

睡眠に対して悩みを抱えている人は、是非参考にしてみてくださいね♡

睡眠の質を上げよう!

いきなり「睡眠の質を上げる」と言われても、どんなことに気を付ければいいのかがわからないですよね。睡眠の質を上げる為には以下の2つがとても重要になります。

◎睡眠時間を確保する

日本人の平均睡眠時間は、男性6時間30分・女性6時間40分だと言われています。

6時間30~40分と聞くと、長く睡眠できているように聞こえますが、実はこの日本の平均睡眠時間は、世界主要国29か国の中で2番目に短い睡眠時間だそうです。

睡眠時間が十分に確保できていないと、日中のパフォーマンスが悪くなってしまったり、体の健康に害を及ぼしてしまう可能性が高くなります。

また、女性にとって睡眠不足は、肌荒れを引き起こす・太りやすい体に変化してしまうなど、美容にも悪影響を起こしてしまいます。

睡眠時間の理想は、7時間だそうです。

7時間眠れていない人は、体に悪影響を与えてしまっている可能性があります。

◎しっかりと熟睡する

しっかりと睡眠時間を確保しているのにも関わらず、目覚めが悪い人は“睡眠の質”が悪いかもしれません。

“睡眠の質”とは、しっかり熟睡できているかが重要になってきます。

私達は、睡眠中に「レム睡眠」と「ノンレム睡眠」を交互に繰り返しています。

(※レム睡眠=浅い眠り・ノンレム睡眠=深い眠り)

眠り始めた最初の2~3時間で「ノンレム睡眠」が起こります。

この最初の「ノンレム睡眠」は、睡眠全体の中で1番眠りが深くなると言われています。

なので、眠り始めてから最初に起こる「ノンレム睡眠」の時にぐっすりと深く眠る事ができれば、睡眠の質を上げる事ができ、その後、レム睡眠・ノンレム睡眠を交互に繰り返すことで心身の疲労感を解消し、翌朝スッキリと起床することができます。

毎日きちんと睡眠時間を確保すること・睡眠の質を高めることで、健康な体を維持することができるだけでなく、美容やダイエットにも嬉しい効果をもたらすことが出来るのです♪

睡眠の質を上げる方法

ここからは「睡眠の質を上げる方法」をご紹介します♡

◎眠る1~2時間前にお風呂に入る

私達の体は、睡眠時に体温を下げる事で脳と体を休ませることができます。

眠くなってくると、手が暖かくなってくるのは、体の中の熱を外に放出し、体温を下げようとしている為です。

お風呂でしっかりと体を温めた後、体の熱が外に放出されるまでには90分かかると言われています。

なので、お風呂に入ってから90分後に眠る体制に入ると体の熱が放出され、体温が下がり始めているので、深い眠りに入りやすくなります。

お風呂に入ってすぐに眠ろうとしても、中々眠れないですよね。

これは、体に溜まった熱をうまく放出できていないので、体が眠る体制に入ることが出来ていないのです。

眠る1~2時間前にお風呂に入るようにしましょう♡

◎ストレッチ&マッサージをする

お風呂からでた後、ストレッチやマッサージをするようにしましょう。

ストレッチやマッサージをすると、体の血行を促進することができ、筋肉の緊張をほぐすことができます。

すると、体をリラックスさせることができるので、体に溜まった疲れをとることができます。

そうすると、体はリラックスした状態のまま眠りにつくことができます。

◎眠る前に温かい飲み物を飲む

眠る前は、とにかく体を眠りやすい状態に持っていくことが大切です。

眠る前に温かい飲み物を飲むと、体温を徐々に低下させることができ、体を深い眠りに入りやすい状態にしてくれます。

しかし!ここで注意しなければいけないのが、飲み物の種類です。

カフェインが多く含まれるコーヒーや紅茶などを飲んでしまうと、体の交感神経が刺激されてしまい、目が覚めてしまうので控えましょう。

眠る前におススメな飲み物は「ホットミルク」です。

ミルクには、睡眠ホルモンと呼ばれている“メラトニン”の原料となる“トリプトファン”が含まれているので、深い眠りに誘導してくれる効果があります。

◎眠る前のスマフォやPCを辞める

眠る直前まで、スマフォやPCを操作していませんか?

普段何気なく使っているスマフォやPCには「ブルーライト」という光が放たれています。

ブルーライトは、脳を覚醒状態にしてしまう・体内時計を狂わせてしまうなど、眠る状態に入ることを邪魔してしまいます。

眠る前のスマフォやPCの使用はなるべく避け、体を眠る状態に持っていくようにしましょう。

まとめ

睡眠の質を高めると、体の自律神経を整えることができ、疲労感やストレスを緩和することができます。

また、睡眠中に分泌される成長ホルモンや女性ホルモンのお陰で、肌の調子を整える事や、痩せやすい体に変化することができます。

睡眠は私たちの体にとって、いい効果を沢山もたらしてくれます。

また、ぐっすり眠れた日は、やる気もでて「今日1日も頑張ろう!」と前向きにさせてくれますよね。

皆さんも、毎日の睡眠の質を高め、体の調子を整えてみてくださいね♡

関連記事

  1. ぽっこりお腹を解消できる♡腸揉みダイエットでお腹スッキリ!

  2. 女性の大きな悩み!ひじ・ひざの黒ずみしっかり対策!

  3. 小顔効果も!ナイトガードで肩こりや片頭痛を解消しよう!

  4. 実は女性のが臭い!?自分の体臭を解消する方法

  5. 朝のメイクがバッチリ決まる!メイクノリを良くするマッサージ方法♡

  6. ちょっと待って、臭すぎる!足の嫌なニオイを一瞬で消す方法