メイクを落とさずに寝た時の肌の状況と対処方法

飲み会や残業続きの時は、家に帰ってクレンジング・洗顔・スキンケアという工程がとても面倒くさく感じ「このままでいいや~」とメイクを落とさずに寝てしまい、朝起きた時に自分の顔を見て絶句をした経験がある女性は多いと思います。

そんな日は「なんで昨日メイクを落とさずに寝ちゃったんだ~!」と昨日の自分を悔やみますよね。

メイクを落とさずに寝てしまうと、肌に大きな負担をかけてしまいます。

なので、メイクは必ず落としてから寝なければいけません。

しかし、

「メイクを落とさず寝てしまうのは悪い事だという事はわかっているけれど、睡魔に負けてしまう時はしょうがない!」

「私の肌は強いからメイクをしたまま寝てもそこまで悪影響をうけている気がしない!」

と“メイクをしたままでも大丈夫”だと思っている女性もいるのではないでしょうか?

そこで今回は『メイクを落とさずに寝た時の肌の状況と対処方法』を皆さんにご紹介します。

・メイクを落とさないまま寝てしまうと、肌にどんな負担がかかるのか

・メイクを落とさずに寝てしまった場合の対処方法

など、みんなが知っている様で知らなかった肌に関する情報を詳しくご紹介するので、興味のある人は是非ご覧ください♡

メイクを落とさずにいるとどうなるか?

メイクを落とさないままでいると“実年齢よりも5歳老けて見える”と言われています。

これは、メイクによって肌に沢山の悪影響を与えてしまい、肌の状態がどんどん悪くなってしまう事が原因です。

ここからは、メイクを落とさずにいると肌にどんな影響を与えてしまうのかをご紹介します。

◎肌のターンオーバーが阻害される

私達の肌は、28日周期で新しい肌に生まれ変わっています。

この“肌が生まれ変わる”事を“肌のターンオーバー”と言います。

肌のターンオーバーは古い角質や皮脂を体外に排出し、新しい肌を生みだす働きがあります。

通常、肌のターンオーバーは28日周期で繰り返しますが、メイクをしたまま寝てしまうと肌のターンオーバーを乱れさせてしまいます。

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、古い角質や皮脂を体外に排出させる事が出来なくなってしまい、毛穴に古い角質や皮脂がどんどん蓄積され肌の再生機能を失ったり肌の老化を進行させてしまう原因になります。

◎毛穴が広がり吹き出物が増える

肌に直接塗るファンデーションには“油分”や“顔料”が使用されています。

この“油分”や“顔料”は、1日の中でどんどん肌の上で崩れていき毛穴を塞いでしまいます。

“油分”や“顔料”が毛穴に詰まってしまうと、体外に排出しなければいけない“皮脂”や“汗”を排出する事が出来なくなってしまうので、肌トラブルを引き起こしやすくなってしまいます。

また、毛穴に沢山の“油分”や“顔料”が蓄積されてしまうと、毛穴がどんどん広がってしまいます。

◎肌に炎症が起きコラーゲンが破壊される

先程も説明しましたが、メイクをしたまま寝てしまうと肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

肌のターンオーバーが乱れてしまうと、新しい肌に生まれ変わる周期が遅くなってしまい肌トラブルを起こしやすくなってしまうだけでなく、肌を維持する為に必要なコラーゲンを破壊してしまう原因にもなってしまいます。

コラーゲンが破壊されてしまうと、肌の調子はどんどん悪化してしまい、乾燥しやすくなってしまったり、シミやシワなどが発生しやすくなってしまうのです。

メイクをしたまま寝てしまった時のケア方法

メイクをしたまま寝てしまうと、肌に大きなダメージを与えてしまう事がわかったと思います。

しかし、わかっていても睡魔に負けてしまい寝てしまう時があると思います。

そんな時は、翌日にいつも以上に肌を労わる様にしましょう。

ここからは「メイクをしたまま寝てしまった時のケア方法」をご紹介します。

◎いつもより多めのクレンジング・洗顔料で顔を洗う

メイクをしたまま寝てしまった時は、毛穴や肌に負担がかかってしまっています。

なので、しっかりと毛穴に詰まってしまった皮脂や汚れを落とす必要があります。

いつもより多めにクレンジング・洗顔料を使用し、肌についてしまった汚れを落としましょう。

ここで注意するのは、洗い方です。

メイクをしたままの状態の肌は、とても乾燥してしまっているので肌をゴシゴシ擦ったりしてしまうのはNGです。

肌は丁寧に優しく洗う様にしましょう。

◎蒸しタオルを使って毛穴を開く

メイクを落とさず寝てしまった肌は、毛穴に皮脂やメイクの汚れが溜まってしまっています。

なので、しっかりと毛穴に溜まってしまった汚れを落とす必要があります。

洗顔をした後、顔に蒸しタオルを乗せ、毛穴の汚れを取り除きましょう。

蒸しタオルを使い毛穴を開くことで、ふっくりとした肌になります。

◎肌への負担を軽くする

メイクをしたまま寝てしまった日の翌日は、なるべく肌の負担を軽減させましょう。

スッピンで過ごせる日であれば、スッピンで過ごし肌を休ませてあげて下さい。

どうしてもメイクをしなければいけない日であれば、パウダーやポイントメイクだけをする様にしましょう。

まとめ

今回は『メイクを落とさずに寝た時の肌の状況と対処方法』をご紹介しました。

メイクをしたまま寝てしまうと、肌に沢山のダメージを与えてしまうので肌の美しさを継続させたいのであれば、どんな事があってもメイクは落としましょう!

関連記事

  1. 正しい知識を持とう!健康的にサウナに入るポイント!

  2. SNSで話題沸騰中!333入浴法で綺麗女子を目指そう♡

  3. すっぴんではない!ノーファンデでお肌に優しいメイク!

  4. 知っておくべき!生理前と似ている妊娠超初期症状とは…

  5. 入浴やシャワーでも!温活で健康的に美しくなろう!

  6. 簡単に出来る!肩こりに効くストレッチ&マッサージ5選!