いつまで使えるの?アイテム別化粧品の使用期限&ポイント

化粧品がなくなったら、新しいものを購入するという人はたくさんいると思いますが、その化粧品がなくなるまでの期間を覚えていますか?

実は、化粧品にはアイテムごとによって使用期限がありそれを過ぎて使うことはNGなんです。

そこで、化粧品のアイテム別の使用期限や期限を守るためのポイントをご紹介します。

化粧品の使用期限は?

  • 未開封のもの

まだ開けていない状態の化粧品は、約3年間程度まで使うことができますが、製造年月日の表示がないものもあるので注意しましょう。

法的には、薬と違い化粧品は製造年月日を入れる義務はなく、その分未開封なら3年はもつように作られています。

購入する前にきちんと製造年月日の表示があるかチェックして、表示があるものを選ぶようにしましょう。

  • 開封済みのもの

1度開けると空気に触れることで化粧品に酸化が起きてしまうので、使用期限は半年と一気に短くなります。

酸化した化粧品には、雑菌が発生しやすく特にファンデーションをパフで顔にのせることを繰り返していると、肌に雑菌がついてしまいニキビや肌荒れの原因になることがあります。

化粧品アイテム別の使用期限は?

  • マスカラ(1か月~3か月)

化粧品アイテムの中でも1番雑菌が発生するのがマスカラだと言われており、使用期限も短いものだとたったの1か月になっています。

マスカラはブラシを出し入れして使うので、雑菌がブラシにつきやすくそのまま使っていると目がかゆくなったり、結膜炎になる可能性が出てきます。

使っているとフタにマスカラがついて硬くなりきちんと閉まらなくなりますが、その状態では中身にまで空気が入りさらに雑菌を生んでしまうケースとなるので、マスカラの出入り口に液がついたらすぐにティッシュでオフにしてフタが完全に閉まるようにしましょう。

  • ファンデーション(6か月)

直接肌に塗るファンデーションは、いつも清潔にしておきたいアイテムですよね。

ファンデーションは粉状とリキッドタイプの2種類ありますが、リキッドタイプの方が雑菌が発生しやすく、粉状はパフをマメに洗うことで雑菌を防ぐこと大切です。

特にファンデーションは手に出してみたら、量が多いからと容器にファンデーションを戻す人がよくいますが、一旦容器から出たファンデーションは酸化するので容器に再び入ると酸化するスピードを速めてしまうので注意しましょう。

  • アイライナー(3か月)

アイライナーは目の際に入れることが多く、目に大きな影響を及ぼす可能性が高いアイテムです。

ペンシルタイプは鉛筆のように硬いので劣化するのが比較的遅いですが、リキッドアイライナーは特に目に入ってしまうことが多く液状なので雑菌が増えやすい傾向にあります。

  • リップメイク用品(6か月)

唇の皮はとても薄くてデリケートなので、リップ用品で荒れてしまうことも多くあります。

グロスや口紅はベタついているので、清潔に保つことが難しくできるだけ早く使い終わるように小さいサイズのものをチョイスすることをおすすめします。

他にもリップクリームはある程度硬く、何度も唇に塗ることを考えて作られているので、6か月が目安となります。

  • スキンケア用品(6か月)

スキンケア用品は化粧水や乳液、美容液、クリームなど数種類のアイテムを毎日少しずつ使うことが多いです。

それぞれなくなる時期も変わってくるので、新品から古いものまでごっちゃに使いがちになりますが、今話題になっている化粧水や乳液、美容液などの機能が1つになっているオールインワンジェルにすることによって1つのアイテム管理だけになるのでしっかり期限を守ることができるようになります。

期限を守るためのポイント!

  • 購入したらスマホで写真を撮る

女性にとって化粧品はとても華やかなもので、デザインもおしゃれで可愛いのでついいついたくさんそろえたくなりますよね。

しかし、たくさん買ってもすべて使えるわけではないので使用期限が過ぎたものが増えたり、買いすぎてしまいます。

そこで、まず化粧品を買ったらすぐにスマホで写真を撮るようにすると、アルバム中を確認するだけで日付入りで持っているアイテムがすぐわかるので、使用期限を守り無駄買いも防ぐことができるようになります。

  • テープに日付を記入する

化粧品を使い始める時に、今流行っているマスキングテープを貼って日付を書くことによって開封日がわかりやすく使用期限内に使いきるように目安を立てることができるようになります。

マスキングテープでなくても透明なセロハンテープやふせんなど、自分で持っているものでいくらでも代用ができる便利な方法です。

まとめ

こうしてチェックしてみると化粧品アイテムの使用期限が意外と短いことがわかりましたね。

選ぶ時に大きな容器でリーズナブルな物に目が行きがちですが、使用期限を考えると使う量や化粧をする頻度は人によって違うので自分に合った化粧品の大きさを見直してみると使用期限が守れるようになるので、よく考えてから購入しましょう。

友達にも教えてあげてください♪