白米→玄米に変えるだけ!?七合食ダイエットで体スッキリ!

ついに夏が近づいてきました!

夏はなんだか開放的な気分になるので、毎日楽しく過ごす事ができますよね♡

しかし!夏は、他の季節に比べて着る洋服が薄くなるので「自分が太っているのが隠せない~!」なんて夏が近づくにつれてドキドキしている人もいるのではないでしょうか?

せっかくならば、本格的な夏が来る前に自信を持てる体型に変身したいと思いますよね♡

そこで、今回は『七合食ダイエットの効果&方法』を皆さんにご紹介します。

今回ご紹介するダイエット方法は、たった10日間で体をスッキリさせる効果があります。

なので、夏の前に少しでも痩せたい人にはおススメのダイエット方法なのです( ゚Д゚)!

皆さんも夏を楽しむ為に、7合食ダイエットをしてみましょう~🙆♡

7合食ダイエットとは?

7合食ダイエットとは“玄米ご飯だけで10日間を過ごす”というシンプルなダイエット方法です。

“7合食”というのは、食事法を1~7番目に分けた時の7番目の食事法です。

1合食:自分の好きな食事を好きなだけ食べる

2合食:玄米ごはん+汁物+おかず4品

3合食:玄米ごはん+汁物+おかず3品

4合食:玄米ごはん+汁物+おかず2品

5合食:玄米ごはん+汁物+季節の野菜のみのおかず1品

6合食:玄米ごはん+汁物+漬物

7合食:玄米ごはんのみ

この食事法では、1~3合食は食べ過ぎ・不健康になりやすい食事だと言われています。

10日間玄米ごはんだけで過ごすと、体内に蓄積されている老廃物を体外に排出する事が出来るので、ダイエット効果があるだけでなく美肌効果や健康面にもいい影響を与える事が出来ます。

何故10日間“玄米”だけを食べるのかというと、玄米は白米に比べて歯ごたえがあるので咀嚼する回数が増え、

・体内の代謝を促進する

・脂肪が燃焼しやすくなる

・食べ過ぎを防止する事が出来る

など、ダイエットにいい効果をもたらす事が出来ると言われている為です。

また“玄米”にはビタミン・ミネラル・食物繊維など体を健康に維持する為に必要な栄養素が豊富に含まれている為、体内をデトックスさせるには最適な食事なのです。

7合食ダイエットの効果

7合食ダイエットは体にどんな効果をもたらしてくれるのでしょうか。

ココからは『7合食ダイエットの効果』をご紹介します。

◎ダイエット効果

この“7合食ダイエット”は、標準体重の人で3~4kg・太り気味の人で5~6kgくらい痩せると言われています。

その理由は、

・腸内環境が改善されて便秘を改善する事が出来る

・体内の水分を排出させむくみを改善させる

・咀嚼回数が多くなるので消化を促進する

など、体内の老廃物を体外に排出させる効果がある為です。

◎美肌効果

“7合食ダイエット”をすると、体内の老廃物を排出する事が出来るので、体内の老廃物が無くなり体内がスッキリします。

また、体内の血流も良くなるので、肌のくすみが無くなり肌がトーンアップするだけでなく、大人ニキビや吹き出物が出来にくくなります。

その結果、美肌になる事が出来るのです。

7合食ダイエットのやり方

ここからは7合食ダイエットのやり方を詳しくご紹介します。

◎10日間食べていいのは“玄米”のみ!

7合食ダイエットは、10日間“玄米”のみを食べる食事法です。

なので、おかずはもちろん飴やガムといった間食もNGです。

また、体内の環境を整える為に摂取していい飲み物は“水”のみ。

太る原因となるアルコールやジュースはもちろん飲んではいけません。

どうしても“水”以外の飲み物が飲みたくなった場合は、ノンカフェイン&ノンカテキンのお茶を飲む様にして下さい。

「10日間、玄米だけしか食べられないのは辛すぎる…。」と思う人もいるでしょう。

しかし、7合食ダイエットは“玄米”であればいくら食べてもいいので、空腹を感じたら“玄米”を好きなだけ食べていいのです。

味の変化を味わいたい時は“ゴマ”か“梅干し”であれば摂取しても大丈夫です。

とにかく10日間は“玄米”と“水(またはお茶)”のみで生活する様にしましょう。

◎寝かせ玄米を食べる!

10日間、食べ続ける“玄米”は炊いた後に3~4日間保温する事で出来る“寝かせ玄米”を食べる様にしましょう。

《寝かせ玄米の作り方》

  1. 玄米に小豆と塩を混ぜて炊く
  2. 炊き終わった後3~4日保温しておく
  3. 保温期間は1日1回玄米をかき混ぜる

寝かせ玄米は、酵素玄米・玄米酵素ごはん・発酵玄米とも呼ばれています。

自分で寝かせ玄米を作るのが面倒な人はコンビニやスーパーなので購入する事が出来るので、そちらを使用する様にして下さい。

◎食事は寝る4時間前までに済ます!

7合食ダイエット中は、空腹を感じたら“玄米”を食べていいルールですが、夜に“玄米”を食べる時は食べる時間帯に注意して下さい。

基本的に夜“玄米”を食べる時は寝る4時間前には食べ終わる様にしましょう。

寝る直前に食事をしてしまうと体内できちんと消化をする事が出来ず、体に悪影響を与えてしまうので、今回の7合食ダイエットに限らず食事をする時は寝る4時間前までには済ませる様にしましょう。

◎なるべく多く咀嚼する!

7合食ダイエットの効果を最大限に発揮させたいのであれば、食事中の咀嚼回数をなるべく多くする様にしましょう。

一口食べたら30~50回を目安に咀嚼する様にして下さい。

咀嚼回数が多ければ多いほど、唾液の分泌を促進させ消化しやすくなったり脳を活性化させる事が出来ます。

◎徐々に食事の量を増やす!

10日間の“7合食ダイエット”が終了したら、10日間我慢していた普段の食事を摂取する事が出来ます。

しかし、一気に普段の食事に戻してしまうと体に負担をかけてしまうので、時間をかけて普段の食事に戻す様にしましょう。

おそらく“7合食ダイエット”の効果でダイエットを始める前よりも咀嚼回数が多くなるはずです。

なので、普段の食事の量よりも少ない量で満腹を感じる事が出来るかもしれません。

食事の量が少なくなれば、急激に太る事もなくなるでしょう。

まとめ

今回は『7合食ダイエットの効果&方法』を皆さんにご紹介しました。

夏が始まる前に“7合食ダイエット”にチャレンジして、自信を持てる体型に変身してみませんか?

関連記事

  1. 多くの女性の悩み!冷え性の原因とおすすめ温活グッズ!

  2. しっかり毛根チェック!気になる抜け毛の原因と対策方法!

  3. 桐谷美玲さんも実践!胃腸がイキイキ!白湯ダイエット!

  4. 知らなかった!覚えておくべきダイエットのウソとホント!

  5. 美人はやっている!カサカサかかとをキレイにする方法!

  6. 水で太るってホント?むくみが引き起こすダイエットの悪循環