女性のデリケートな悩み!おりものについてもっと知ろう!

女性特有なものだけれど、あまり詳しい知識がない人が多いおりものについてもっと知り、おりものから送られている信号に適切な対応を取ることが大切です。

臭いが気になったり、色の変化があるなら、それは放って置かないで病院へ行くべきかもしれません。

おりものについてここでしっかり知識を持って自分の健康をしっかり守りましょう。

おりものって何?

おりものが来た自覚はあるものの一体なんなのか、いつ分泌されるものなのかを知っておきましょう。

おりものとは、膣や子宮頚部、子宮間などから分泌された粘液と古い細胞が流れたものを指します。

体の中からおりてくるもの=おりものという意味を持っています。

自分はおりものがないという人がいますが、実はおりものは無色透明で臭いもしない時期があり、生理前だけでなくいつも分泌されている女性の体にとって重要な役割を果たす大切なものです。

おりものの役割は?

おりものはなぜ女性の体から分泌し、体に大きな影響を与えているのかチェックしていきます。

  • 雑菌から守る

女性は膣が雑菌の多い肛門の近くにあり、子宮や卵管などの体内へつながっているので雑菌が入ると炎症を起こし、授精や妊娠に影響が出てしまいます。

そこで、おりものが分泌されることによって成分となっている善玉菌の酸が膣を弱酸性にし、雑菌が入ったり増えたりすることを防ぐ役割を果たしています。

  • 潤って守る

膣の中はデリケートな粘膜からできているので、おりものが分泌されることによって潤いを保つことができ子宮や卵管を守る効果があります。

  • 妊娠しやすくなる

膣の弱酸性に精子が負けてしまい卵子にたどり着くことが難しくなるので、おりものが分泌されると精子を包んで卵子まで届けることをサポートしています。

生理周期から知る!おりものの状態

女性ホルモンが排卵や生理をコントロールしていますが、おりものも同じ女性ホルモンの変化によって状態が変わってきます。

  • 生理前のおりものについて

この時期のおりものはサラサラした白いものとなり、少しずつ量が増え臭いが強くなっていきます。

生理前には着床出血が起こると茶色いおりものへと変化するので、そういう時は少し様子をみましょう。

  • 生理後のおりものについて

この時期は量が少なく、水っぽくサラサラとしているのでおりものに気付かない人もいるくらい違和感がありません。

人によって生理中にうまく出なかった経血が混じることがあるので気を付けましょう。

  • 排卵前のおりものについて

この時期は卵胞ホルモン分泌の準備期間となり、おりものの量が一気に増えて、状態は白かクリーム色でサラサラし臭いはあまり気になりません。

  • 排卵期のおりものについて

卵胞ホルモンが優位になるこの時期は、おりものが多いものの透明で粘り気がありますが臭いは強くありません。

この期間に注意しておりものを観察していると、卵の白身のようなおりものへと変化しますが、これは排卵するサインです。

排卵のサイン後は、最もおりものが多くなり粘り気や臭いに違和感を覚える人が増えます。

このおりものは病院へ行くべき?おりものの状態について

おりものにいつもと違う状態や色の変化があるなら、一体どういう状態になっているのかしっかりポイントを抑え悪いのなら病院へ行きましょう。

  • 白いおりもの

生理の周期によって質や量が変わりますが、臭いが強くない限り心配の必要はありません。

ただし、おりものが黄色味のある白色でドロッとしており、下腹部の痛みや発熱がある場合は子宮頚肝炎の可能性があるので病院へ行きましょう。

  • 茶色や緑のおりもの

茶色のおりものは、膣や子宮頚部などに炎症が起こり不正出血している可能性があるので少し様子を見ても茶色いままなら病院へ行きましょう。

緑のおりものの場合、殺菌に感染し膿が出ている状態かトリコモナス膣炎という性病の可能性もあるのですぐに病院へ行くべきです。

  • 黒いおりもの

溜まっていた古い血が出血したもので、生理中の経血がきちんと出なかったものが生理後に出てくることがあります。

黒いおりものはしばらく様子を見ると出なくなることが多いです。

  • ボロボロのおりもの

本来サラサラか粘り気があるおりものが、まるで酒かすのようにボロボロになったら膣カンジタ症の可能性が高いので病院で診察してもらいましょう。

  • おりものの臭いが強い

おりものは基本的には無臭ですが、時々少し酸っぱい臭いがする程度が健康な範囲です。

臭いがそれより強い場合に考えられるのは細菌感染で性病や子宮がんの可能性も高く、あまり改善されないようなら進行すると合併症につながるので放置せず病院へ行きましょう。

  • おりものによってかゆみが出る

本来おりものは皮膚炎にならずかゆみが起きないものですが、もしかゆみと共に強い臭いがする時は炎症を起こしている部分があるので病院で診察を受けた方が良いです。

まとめ

女性は生理のことは詳しくてもおりもののことについて知らない人は多く、自分のおりものは正常だと考えています。

ご紹介した通り、おりものの質や色には様々なものがあるのでしっかりチェックし自分の体をしっかり守りましょう。

友達にも教えてあげてください♪