20代30代特有のクォーターライフクライシスを乗り越えるには…

「人生このままでいいのかな?」そんな悩みを抱えた経験はありませんか?

もしかしてそれは、クォーターライフクライシスかもしれません。

20代30代が苦しむこの症状について詳しく説明していきます。

クォーターライフクライシスとは?

クォーターライフクライシスは、20代前半から30代後半の幸福低迷期に起こると言われています。

例えば本来のイメージでは、20代で結婚し子どもを出産、さらにマイホームを手に入れると思っていたものの実際は、結婚できず仕事にも行き詰っている現状に思い悩みストレスレベルが高くなっている状態を言います。

主に、人生への戸惑い、不安や孤独からの悩みが引き起こすものです。

当てはまる?クォーターライフクライシスの症状とは…

どんな症状が出るのか、自分に当てはまるものはないかチェックしましょう。

  • 人生を変えたいけれど

わかりやすく例えると、都会でバリバリ働いているのに、突然会社を辞めて世界1人旅や田舎で自給自足生活をしたいという真逆の環境を作り自分の人生を良くしたいという欲求が高まる症状があります。

けれど、実際は理性が働き会社を辞めるリスクを恐れ、行動に移せない自分に対して情けなさを感じて落ち込んでしまいます。

  • 子どもの頃の自分が良く思える

自分が子どもの頃の楽しい思い出を鮮明に覚えていて、何でも簡単にできていたように感じ、今大人になった自分に自信を持つことができずにいることも症状のひとつです。

そう思っていながらも怖くて行動を起こせずに悩む負のスパイラルに陥ってしまいます。

  • 失敗することへの恐怖

大人になると守るものが増えた分、新しいことへのチャレンジにリスクが生まれ、新たなチャレンジをする時に失敗できないと思い込んでしまいます。

失敗したらもう人生が終わると考えていて、保守的になり人間的進歩がなくなります。

  • 友人との関係に異変

特に女性は、自分が独身だとママになった友人と距離感が生まれ、友人と会うことが苦痛になる症状があります。

自分と友人とを比べて、自分が不幸せに見えてだんだんと疎遠になっていきます。

  • 10代の生活に不満を抱く

今の自分に納得がいかないのは、10代でもっとやるべきことがあったはずと思いや悩みます。

10代をやり直したいとうい考えがわき、実際にはやり直せないジレンマを抱き自分は一生変われないと感じ苦しむ症状が表れます。

クォーターライフクライシスの改善方法!

自分に思い当たる症状があったなら、改善方法をしっかり抑えて乗り切りましょう。

  • 人生の決断を急がない

成功者に見える人も実は、同じようにクォーターライフクライシスを乗り越えた経験者です。

辛いからと自分と向き合わずに生きていくのは難しく、特に初期症状にある閉塞感で自分の殻に閉じこもってしまうケースがあります。

・仕事の場合

仕事が辛いと感じているなら、すぐに辞めずにまずは仕事のやりがいを探してみましょう。

それでどうしても自分が生かせないと感じたら辞めるべきで、多くの場合自分がリクスを背負えば良い環境になるので変化を恐れない気持ちが大切です。

・恋愛の場合

彼氏との関係がマンネリとなり悩んでいるのなら、マンネリの原因を考え解決へと導くよう努力します。

例えば彼氏が友人との食事を良く思わないなら、いきなり別れを告げず友人との食事が自分のストレス解消になっていると伝え理解を求めましょう。

そこまで努力して理解が得られないなら、別れを選択します。

  • 他人と自分を比べない

特に自分の同じ年や年下の成功者ばかりが目についてしまいますが、それはその人が良い瞬間を知ったにすぎず、自分と比べても良いものを得ることができません。

よく陥りがちなケースとして、世界的に有名な成功者やオリンピック選手などと比べてしまい自分が劣っていると強く劣等感を抱いてしまいますが、そもそも生きてきたプロセスが違うので比べても意味がありません。

そういう人に注目することを辞め、身近な人と比べてしまうなら距離を置くことで解決しましょう。

  • 理想でなく実現できる未来を考える

漠然と「私の人生このままでいいの?」「これから大丈夫?」と不安にかられますが、自分だけではなく、他の人も同じで正しい人生を送ったかは後からわかるものです。

自分の理想を追い求めるともし実現できなかった時に落ち込んでしまうので、あらかじめ自分にできそうな未来を考えましょう。

例えば、好きなことを仕事にすると将来を描いのなら、いきなり仕事を辞めたりせずに、少しずつ行動に移します。

料理が好きなら、ブログやSNSで写真付きで公表しながら、アクセス数が良くなったら副業としてレシピの投稿やマイホームページを開設し、最終的に料理の先生になるというある程度の道筋を立てることが有効です。

まとめ

クォーターライフクライシスをこの時期に上手く自分で解決することで、今後の人生で壁に当たった時に悩みを抱えても、この経験を元に乗り越えることができるようになります。

もし思い悩んでいるのなら、改善方法を試してみてください。

友達にも教えてあげてください♪