「結婚は?」独身女性が傷ついているシングルハラスメント!

20歳を過ぎた頃から「あれ?結婚しないの?」と聞かれる回数がグッと増えてきます。

この言葉はまるで社交辞令の挨拶のように何回も言われることが多く、女性の心をとても傷つけています。

そんな傷つくシングルハラスメントについてご説明していきます。

シングルハラスメントとは?

独身女性に結婚をうながすような発言をすることで、それによって女性が不愉快になることを表現した言葉をいいます。

○○ハラスメントとよく聞きますが、例えばセクシャルハラスメントのように言われた方がかなり傷つく傾向にあります。

シングルハラスメントの場合は、ある年齢を境に「結婚して当たり前」だと勘違いしている人から発せられることが多いです。

言う人は傷つけていると思っていない!

例えばパワーハラスメントなら、上司が仕事を辞めさせたいという気持ちから心ない言葉を浴びせている可能性がありますが、それに対してシングルハラスメントは発している本人はさほど結婚して欲しいとは願ってもいないことに加えて全く悪気さえないことが特徴です。

最近は、親戚の集まりで「まだ結婚していないの?」と言われることを嫌がりそういった場に顔を出さないようにする人や、親から「誰かいい人いないの?」と聞かれることにうんざりして里帰りをしない人も増えています。

昔はお見合いが主流で親が決めた人と結婚することが多く、結婚が当たり前の時代があったこともあり、ある程度年齢がいっている人が多く口にする傾向にあります。

傷つく!シングルハラスメント発言ランキング!

  • 5位 早く子ども欲しくないの?

今は妊活という言葉があるぐらい、女性が妊娠すること自体がとても難しくなっており、そんな中結婚もまだなのに子どもの話題をふられるのは、女性にとってデリケートな部分に土足で侵入されたような気持ちになります。

独身女性でも自分が歳を重ねる分、子どもを授かる確率がどんどん下がってくることは把握しているので「欲しい、欲しくない」の問題ではなく「授かれるか」の問題となっており、結婚前に子どものことを指摘されると腹が立つものです。

こう言った発言の場合は、聞き流して無視することで対処しましょう。

  • 4位 結婚っていいよ!

この言葉は「自分は結婚していて幸せいっぱいだよ」という自慢にしか聞こえないとてもデリカシーがない発言です。

この発言が自分より年上の人が言う場合は「結婚はしておいた方がいい」というアドバイスとして発せられますが、言われた本人にとってはまさに余計なお世話でしかありません。

独身女性の多くは「結婚したくない」のではなく、何らかの理由や事情があり「結婚できない」状態の人が多いので、ナーバスになっているのにプレッシャーをかけられる状態になってしまいます。

こう言った場合には「今は結婚できないんです」とはっきり事実を伝えると何回も同じことを言われることを回避できます。

  • 3位 休みの日1人でつまらないでしょう?

休日にお誘いがあって断るとこの言葉が飛び出してくることがあります。

例え1人暮らしでも休日に暇を持て余しているわけではなく、溜まった洗濯物や掃除をしたり、大人なら自分のやりたいことや自分の時間の楽しみ方をすでに知っているのでつまらないとは感じません。

また、女性がちょっと太ったことを気にしてダイエットをしていると知ると「休みの日デートぐらいしないからだよ」とまるで関係のないこじつけで傷つけてくる無神経な人もいます。

結婚していないだけで、すべてがマイナスに受け取られてしまうのは自分で防ぎようがないので「休日は充実しています」と伝えることで、相手を黙らせる対処をしましょう。

  • 2位 婚活したら?

「結婚できないんだから、結婚への活動をしなさいよ」という言葉ですが、自分は簡単に結婚できた人がよく言う発言です。

そもそも婚活という言葉が生まれたのは、恋愛して自然に結婚することが難しくなったという時代の背景があることすら知らない人が使いがちな言葉となります。

実際に婚活をしている人はごくわずかで、まだまだ婚活に手が出せない人が多く経験もない人に勧められると腹が立ちます。

この言葉を浴びせられたら、すかさず「婚活しないとダメですか!」と語気を強めて相手に返しましょう。

これで気持ちもスカッとし大抵の人はもうこういった言葉を言わなくなります。

  • 1位 なんで今まで結婚しなかったの?

この言葉を聞いたら「結婚できていたら、もうしているわ」と反論したくなる無神経な言葉として1位になりました。

これはケースとして会社の女性社員がたくさん寿退社した時に男性上司から、まるで退職をうながすようなニュアンスで使われることが多いです。

結婚という選択肢ではなく、バリバリ働きたい女性にとって女性が歳を重ねても働くことがまるで理解されていない現実にぶつかります。

「それより今○○という仕事について悩んでいて」と話しをすり替えることで乗り切りましょう。

まとめ

シングルハラスメントランキングの発言はどれも「そうそう」と同意できるものばかりでしたね。

自分が言われたら傷つくこの言葉、自分が誰かに言わないように気を付けることも大切です。

人生の選択は自分の自由なので、周りからの結婚の圧力に負けないようにしましょう。

友達にも教えてあげてください♪