あの人はどんなタイプ?運命数に見る動物に例える性格

気になる人や彼氏の性格をしっかり掴めるともっと接しやすくなりますよね。

そんな性格を運命数を通してわかりやすく動物に例えて占ってみましょう。

これからの恋愛に大きく役立つと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

気になる人の運命数計算方法!

生年月日の数字を使って計算しますが、本来なら自分の生年月日で占いますが今回は気になる人について占うので、その人の生年月日で計算していきます。

まず西暦の生年月日の数字を書き出して、それを1ケタにばらしていきすべて足します。

例えば、1989年8月12日生まれの人の場合、1+9+8+9+0+8+1+2=38となります。

まだ2ケタなので、さらにばらして3+8=11、1+1=2という結果が出ます。

この場合2が運命数として考えられます。

運命数別!動物に例える性格!

  • 運命数が1の人 「リス」

見た目はカッコいい系というより可愛い系で、思わず守ってあげたくなるようなリスのようなあの人は、中身はとてもしっかり者の一面を持っています。

特に仕事でその力が発揮され、コツコツと努力を重ねているのでその姿勢を褒めてあげるととても好感を持ってもらえそうです。

意外としっかりしているので、可愛いと思う気持ちから尊敬する気持ちが強くなるでしょう。

  • 運命数が2の人 「鳥」

とても明るい性格で愛嬌があるので、人に好かれる人気者に見えるあの人ですが、心の中は「嫌われないかな?」といつもドキドキしていており、繊細な面はまるで鳥のようです。

笑顔で何事も乗り切るタイプですが、知らぬ間にストレスと抱え込んでしまうので「何かあった?悩みごとなら聞くよ?」と声を掛けてあげると信頼関係が築ける間柄になれそうです。

「この人は自分の本当の姿を見ていてくれた」と心を開いてくれるでしょう。

  • 運命数が3の人 「犬」

何事にもきっちり筋を通し、曲がったことが大嫌いな性格で「間違っている」と思ったら時には目上の人や上司にしっかり意見できる人です。

自分の心に真っすぐで忠実な面があるので、まるで犬のような性格だと言えるでしょう。

そう言った性格がアダとなる場合もあり、敵を作ってしまうことも多いためなかなか自分が置かれている状況に納得がいかないケースが多いようです。

そこで「○○くんは悪くないよ」と一言声を掛けてあげるととても喜んでもらえるでしょう。

  • 運命数が4の人 「ライオン」

とてもプライドが高く自信家な性格のあの人は、まるで百獣の王であるライオンのような性格の持ち主です。

しかも、プライドに実力も兼ね備えているので周りの人からは尊敬されている存在でもあります。

そんな勝気なあの人には、その姿に憧れているという気持ちをストレートにアピールすると心に響くでしょう。

  • 運命数が5の人 「ブタ」

まるで潔癖症にちかいぐらいにキレイ好きな性格を持っており、少しのホコリや汚れも許せない面はまるで清潔感を大切にしているブタのようです。

そういった性格のため自然と女性にも厳しい目を向けているので、とにかく人が見て清潔感があると思うようなファッションを徹底しましょう。

人は見た目だけではありませんが、このタイプの男性は外見重視の傾向にあるので注意してください。

  • 運命数が6の人 「ネコ」

マイペースな性格で自分のペースを崩されるのを嫌う面はまるでネコを思い出させます。

基本的に万能に何でもこなせる器用な面を持っているので、多趣味で色んなことにとても詳しい面を持っています。

そこで「○○くんの好きな△△について教えて?」と趣味の話に持って行くととても会話が弾み仲良くなることができるでしょう。

  • 運命数が7の人 「くま」

ちょっと天然でおっとりしている性格の持ち主で、時間に追われるというよりも時間がゆっくりと流れているタイプです。

その姿はまるで私たちが絵本で見たことのある優しいくまのように見えます。

気遣いができる人なので一緒にいると心が癒されていくので、こちらは逆にペースを合わせてあげることで2人とも心地よい空間を作ることができるでしょう。

くれぐれも「もっと早くして」などペースを乱す言葉は言わないように注意してください。

  • 運命数が8の人 「うさぎ」

一見クールに見えるあの人ですが、実はとても寂しがり屋な面を持っておりまるでうさぎのような性格をしています。

そんな素振りはまったく見せないので、寂しい気持ちを察して黙ってそばにいてあげることこそ最大のアピールとなるでしょう。

「この子はいつもそばにいてくれる」という感情が芽生えると2人の距離もグッと縮まっていきます。

  • 運命数が9の人 「馬」

とても爽やかなイメージのあの人ですが、人を見る目があり本当に自分と合う人との人間関係を望んでいるタイプです。

人の気持ちを察することに上手な馬のような性格だと言えるでしょう。

じっくり観察されていると思うと緊張しますが、ありのままの自分でいることで飾らない面が評価され好意を持ってもらえそうです。

このタイプには、ツンデレや背伸びした態度は好まれないので注意しましょう。

まとめ

これまで運命数によって気になる人の性格を動物に例えてきましたが、いかがだったでしょうか?

把握しきれない性格も身近な動物に例えることできっとわかりやすくなったと思います。

あの人の性格に合わせたアピールで恋愛も上手く運べるようになるといいですね。

友達にも教えてあげてください♪