便秘解消にいい!コーヒーの正しい飲み方のポイント!

便秘は多くの女性の悩ませる大きな問題ですよね。

そんななかなか解消しない便秘にコーヒーが有効だということがわかりました。

便秘にしっかり効くコーヒーの正しい飲み方をご紹介するので、参考にしてみてください。

コーヒーが便秘に効く理由とは

  • カフェイン

コーヒー1杯分に入っているカフェインの量はおよそ150mgと言われており、それは栄養ドリンクの3倍にも及びます。

カフェインは胃腸の働きを良くする作用があり、食べた物を早く消化する手助けをしますが、これに必要なカフェインの量gは50mg程度なので、コーヒー1杯で十分補うことができます。

タイミングとしては朝飲むことがベストで寝る前に飲むとカフェインの覚醒作用で眠れなくなるので注意が必要です。

  • コーヒーオリゴ糖

コーヒー豆の皮から新しく見つけられたコーヒーオリゴ糖は、腸にいる善玉菌のエサとなり働きを活発にする効果があります。

砂糖と比べるとかなりの低カロリーなので、ダイエットにもつながるのでおすすめです。

  • ピラジン

コーヒーの香りに含まれているピラジンには、リラックス効果があり自律神経の乱れを整える効果があります。

腸はとてもストレスに弱い面を持っているので、その影響を避けることができます。

しかし、コーヒーを飲みすぎると腸が働きすぎで、下痢を招く原因となるので気をつけましょう。

  • コーヒーに使う乳製品

コーヒーをそのまま飲むのではなく、カフェオレやカプチーノにして飲む女性は多くいます。

そんな乳製品を使ったコーヒーは腸をきちんと整える成分がたくさん含まれているので、便秘解消も期待できます。

逆効果に!コーヒーで便秘になるケース

  • 水分が奪われる

コーヒーに含まれているカフェインは、利尿作用があるため飲めば飲むほど便に入るべき水分が減っていき便秘を悪化させてしまう傾向にあります。

尿として水分が出て行ってしまうため、飲む量に気をつける必要があります。

  • クロロゲン酸の効果

コーヒーにあるポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、胃腸の働きを抑える効果があるため腸の動きを鈍らせてしまいます。

コーヒーを適度に飲む分には問題はありませんが、やはり飲み過ぎてしまうとクロロゲン酸のこう言った作用が働いて逆に便秘をまねしてしまう結果となります。

便秘に効く正しいコーヒーの飲み方!

  • 便秘に効くコーヒーの量

コーヒーで便秘を解消するには、1日1杯から多くても4杯までが目安となり、だいたい1杯が200mlの計算として400ml以上飲むのは避けた方が良いでしょう。

コーヒーは1日2杯までと決めて毎日守るように心がけてください。

  • 便秘解消のためにコーヒーを飲むタイミング

まず朝起きてから1杯飲んで、2杯目は夕飯の時に飲むことがベストとされています。

ただし、夕飯の時間によって効果が変わってきて、寝る前の時間に近くなるとコーヒーに含まれるテアニンという成分がリラックスをさせてくれますが、逆にカフェインで眠気がこなくなってしまうケースがあります。

便秘解消のためにはしっかりとした睡眠時間も大切なので、2杯目を飲むタイミングには気をつけましょう。

  • アイスよりホットを飲む

よく体が冷えるから季節に関係なくアイスよりホットを飲む方がいいと言われていますが、便秘に関しても同じことが言えます。

ホットコーヒーを飲むことによって腸にある便が柔らかくなり、お通じがスムーズになります。

内臓温度が1度上がることによって基礎代謝は10%~20%もアップするため、腸の働きが整ってきます。

目安としては電子レンジで500w2分加熱して50度程度のホットコーヒーが1番便秘に効くと言われています。

熱すぎても効果が高くなるわけではないので、しっかり温度を確認しましょう。

  • 砂糖の代わりにオリゴ糖を使う

実は砂糖は腸にいる悪玉菌のエサとなり、その動きを活発にしてしまう効果があるためオリゴ糖に変えた方がいいでしょう。

オリゴ糖は砂糖と違って善玉菌のエサになるため、便秘解消へとつながっていきます。

オリゴ糖は砂糖より甘くはありませんが、効果が期待でき今はスーパーで簡単に手にすることができます。

便秘に効くコーヒーの作り方!

①材料を用意する

水500cc、オリゴ糖70g、粉寒天4g、インスタントコーヒー7gを準備します。

②鍋を使う

鍋に水を入れて、火にかけて熱していきます。

③粉寒天を入れる

熱くなる前に粉寒天を早めに入れましょう。

④沸騰させる

沸騰したら、オリゴ糖とインスタントコーヒーの両方を入れます。

⑤アレンジする

このままホットコーヒーとして飲むのもありですが、粉寒天が入っているので冷めたら冷蔵庫に入れて固めてコーヒーゼリーとして食べるのも健康的にとてもいいです。

  • ポイント

ホットコーヒーを飲むのなら、オリゴ糖を入れるだけであとは普段を同じ作り方でも十分便秘に対して効果を発揮します。

まとめ

便秘は肌トラブルを招いたりするとてもやっかいなものですが、普段よく飲むコーヒーで解消できることがわかりましたね。

しかし、正しい知識を持っていないと逆に便秘になってしまうので、しっかりご紹介したこと

友達にも教えてあげてください♪